沖ノ山電車堅抗石垣

ウェブ番号1004062  更新日 2021年2月26日

印刷大きな文字で印刷

写真:沖ノ山電車堅抗石垣

種別
国登録有形文化財
指定年月日
1997年(平成9年)11月5日
所有者・管理者
宇部興産株式会社
名称 カナ
オキノヤマデンシャタテコウイシガキ
文化財分類
登録有形文化財
所在地
宇部市沖の山
説明
大正11年、海底炭田に注目した沖ノ山炭鉱は、当時の最新工法で海中に大派坑・五段坑の竪坑を開坑しました。その後周囲は埋め立てられ、2つの坑口を保護するために大正14年ころに石垣が建造されました。現在残っている石垣は大派竪坑側のものです。昭和14年、さらに沖合いの鉱区開発に向けて、人員・石炭・資材等の運搬能力を上げるため坑内に電車を走らせる「電車坑道」の開坑が着工されました。大派竪坑も坑道の起点である地下約220メートルまで追加掘削され「電車竪坑」と呼ばれるようになりました。石垣上部の巻上やぐらは大正時代のやぐらの原形を残すもので、昭和39年に改修されています。工業都市として栄えた宇部に現存する数少ない初期の産業遺産です。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課
〒757-0216 宇部市大字船木字内番田361番地6

  • 宇部市学びの森くすのき、文化財保護事業、文化財活用推進事業、埋蔵文化財に関すること
    電話番号:0836-67-1277 ファクス番号:0836-67-0691

教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。