COPD(慢性閉塞性肺疾患)について

ウェブ番号1020945  更新日 2023年11月10日

印刷大きな文字で印刷

COPDってどんな病気?

肺に有害な物質(タバコの煙など)を長期に吸うことにより、肺の動きが低下する病気です。

特に40歳以上の方で喫煙歴のある方は要注意。受動喫煙の方にも発症のリスクがあります。

重症化すると、すこし動いただけですぐ息苦しくなって日常生活に支障が出たり、携帯酸素が必要になることもあります。

COPDチラシ

こんな症状はありませんか

COPDの初期症状

  • 咳や痰がでる
  • 風邪がなかなか治らない
  • すぐに息切れをする

詳しくはスクリーニング質問票でチェック↓

医療機関を受診しましょう

悪化してしまった肺機能は、残念ながら完全に元の状態には戻りません。早期発見・早期治療が重要です。

上記の症状のある方や、スクリーニング質問票4点以上の方は

呼吸器内科や内科を受診して、スパイロメーター検査などの詳しい検査を受けましょう。

最近はCOPDに対する新しい治療薬(吸入薬)がたくさん開発されています。

COPDを予防・悪化させないために

  • タバコをやめる
  • 適度に運動する
  • 健診・人間ドックをうける

治療中の方は、安定期の管理がとても重要になります。症状がないからといって自己判断で中止せず、継続的な治療が大切です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 健康増進事業、保健センターの管理、感染症予防、予防接種、健康づくりに係る施策の企画・立案・調整及び推進、健康づくり計画、健康づくり推進審議会、成人保健事業、地域の保健福祉の推進に関すること
    電話番号:0836-31-1777 ファクス番号:0836-35-6533

健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。