たばこ対策の取り組み

ウェブ番号1005006  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:禁煙を推奨するチョーコクン

たばこは、吸っている人だけでなく、周囲の人の健康にも受動喫煙(自分の意思に関わらず他人の煙を吸わされること)により悪影響を及ぼします。宇部市では、市内の事業所や関係機関と連携して、以下のたばこ対策に取り組んでいます。

受動喫煙防止の取り組み

喫煙に起因する日本人の受動喫煙での年間死亡数は、約15,000人と推計されています(厚生労働省の調査)。

本市では、第三次宇部市健康づくり計画(元気プランうべ)に基づいて、受動喫煙防止に向けた環境整備促進のため、以下の取り組みを行っています。

10メートルルールの推進

イラスト:10メートルルール

たばこの煙による害は、喫煙場所から離れた空間まで影響を及ぼすことが知られています。屋外の喫煙所は、非喫煙者の利用する場所から少なくとも10メートル離して設置しましょう。

機関紙「STOP!!受動喫煙」の発行

市内の事業所や商業施設、飲食店に対し、禁煙・分煙対策への意識づけを図るために、平成29年から機関紙を発行しています。受動喫煙防止の取り組みを進めるための情報提供や、現在取り組まれている団体の活動を紹介しています。

禁煙支援

たばこの煙には、4000種類以上もの化学物質が含まれており、その内60種類は発がん性物質です。たばこを吸う人は肺がんや心筋梗塞などの病気になる可能性が高くなり、喫煙を続けることで寿命が約10年短くなります。

ただし、禁煙すれば寿命を取り戻すことができます!これから禁煙に挑戦してみませんか?

チラシ:あなたの禁煙応援します01

チラシ:あなたの禁煙応援します02

禁煙治療のご紹介

禁煙治療を希望する方は、かかりつけ医や禁煙治療ができる医療機関にご相談ください。

山口県薬剤師会が認定した「禁煙相談薬剤師」が在籍する薬局のご紹介

山口県薬剤師会では、県民の皆様に禁煙について相談していただける窓口として「禁煙相談薬剤師」をご紹介しています。

出前講座

たばこの害や受動喫煙についての講話や肺年齢などの測定を行います。

対象は、10人以上の市民で構成する団体やグループです。

詳しくは出前講座メニュー表をご覧ください(「健康 子育て 福祉」 の 「55.たばこの害の正しい知識」参照)。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 健康増進事業、保健センターの管理、健康づくりに係る施策の企画・立案・調整及び推進、健康づくり計画、健康づくり推進審議会、成人保健事業、地域医療対策の推進、救急医療対策の推進、休日・夜間救急診療所、感染症予防、予防接種に関すること
    電話番号:0836-31-1777 ファクス番号:0836-35-6533

健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。