新築住宅に対する減額措置・その2(減額税額の試算)

ウェブ番号1001761  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

一般住宅の場合

床面積140平方メートル、評価額(課税標準額)が1,000万円として試算すると

  • 本来の税額(固定資産税率1.4%、都市計画税率0.3%で計算)
    固定資産税額・・・1,000万円×1.4%=14万円
    都市計画税額・・・1,000万円×0.3%=3万円
    よって本来の年税額は、17万円になります。
  • 減額分税額(固定資産税額について床面積140平方メートルの内120平方メートル分が対象)
    1,000万円×120平方メートル/140平方メートル×1.4%×2分の1=6万円(減額分税額)
    年税額は、6万円減額されて11万円になります。

共同住宅の場合

床面積240平方メートル(40平方メートル×6戸)、評価額(課税標準額)が2,000万円として試算すると

  • 本来の税額(固定資産税率1.4%、都市計画税率0.3%で計算)
    固定資産税額・・・2,000万円×1.4%=28万円
    都市計画税額・・・2,000万円×0.3%=6万円
    よって本来の年税額は、34万円になります。
  • 減額分税額(固定資産税額について床面積240平方メートルすべてが対象)
    2,000万円×1.4%×2分の1=14万円(減額分税額)
    年税額は、14万円減額されて20万円になります。

よくある質問と回答

このページに関するお問い合わせ

総務財務部 資産税課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 土地に係る固定資産税及び都市計画税に関すること
    電話番号:0836-34-8193 ファクス番号:0836-22-6053
  • 家屋に係る固定資産税及び都市計画税に関すること
    電話番号:0836-34-8195 ファクス番号:0836-22-6053
  • 償却資産に係る固定資産税、国有資産等所在市町村交付金、納税通知書の送付先変更等に関すること
    電話番号:0836-34-8191 ファクス番号:0836-22-6053

総務財務部 資産税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。