生ごみの減量・水切りにご協力だくさい

ウェブ番号1002035  更新日 2022年8月31日

印刷大きな文字で印刷

卵1個分で約1,700トンのごみ減量!

「生ごみ」の約80%は水分です。家庭から出る生ごみから、1世帯で1日当たり卵1個分(約60グラム)の水分を減らすだけで、年間約1,700トンのごみが減量できます。これは、ごみ収集車約570台分の収集量に相当します。

生ごみから水分を減らすことができれば、

  • ごみ焼却場の燃焼効率が良くなります!
  • 生ごみのいやな臭いが減ります!
  • ごみ袋が軽くなって、ごみ出しが楽になります!

など、様々な効果が期待できます。

今後とも生ごみの減量・水切りにご協力をよろしくお願いします。

生ごみ減量のポイント

生ごみが出ないよう心掛けましょう

  • 買い物をする際は、必要な分だけ買うように心掛けましょう。
  • 食材は、なるべく使い切るよう「エコクッキング」を心掛けましょう。
  • 料理する際は、作りすぎに注意しましょう。
  • 出された料理は、残さず食べましょう。

水に濡らさないようにしましょう

  • 生ごみは、シンクの外に置くなど、水に濡らさないようにしましょう。

水切りをしましょう

  • 濡れた生ごみは、「ぎゅっ」とひと絞りしてからごみとして出しましょう。
  • 濡れた生ごみは、乾かしてからごみとして出しましょう。

「生ごみ」をリサイクルしましょう

  • 宇部市では、各家庭で気軽に取り組める「段ボールコンポスト」を紹介しています。「段ボールコンポスト」とは、料理くずや食べ残しなどを野菜や花づくりの肥料に変える生ごみ処理容器のことです。ぜひ一度お試しください。
  • 家庭で使用された食用油(廃食油)を、バイオディーゼル燃料(BDF:軽油代替燃料)にリサイクルする取組みを推進しています。市内のスーパーの店頭で回収していますので、ご協力ください。

生ごみ減量・水切り応募アイデアの紹介について

平成24年11月12日~12月21日で募集した「生ごみ減量・水切りアイデア」に20人の方からご応募がありました。

いただいたアイデアは、家庭や職場ですぐに実践できるものから、ちょっとした工夫が必要なもの、ユニークな提案など様々なものがあります。

ここに、いただいたアイデアをご紹介しますので、ぜひ参考にされて、生ごみの減量・水切りにご協力ください。

募集概要

募集期間

平成24年11月12日(月曜日)~12月21日(金曜日)

募集内容

  1. 生ごみ減量部門
    生ごみ減量を心がけた買い物の仕方や冷蔵庫の在庫チェック術、エコクッキング・リメイク料理のレシピなど、生ごみをもとから出さない工夫やアイデア
  2. 生ごみ水切り部門
    手軽に家庭や職場で取り組める生ごみの水切りに関するアイデア

応募結果

応募者数

20人(生ごみ減量部門11人、生ごみ水切り部門9人)

応募アイデア

下記のタイトルをクリックしていただくと、アイデアの内容をご覧いただけます。

生ごみ減量部門(順不同)

1.佐野 陽子さん

2.匿名

3.志賀 ツヤ子さん

4.飯田 孝子さん

5.匿名

6.竹内 秀子さん

7.匿名

8.金子 小由紀さん

9.匿名

10.縄田 康雄さん

11.友永 文昭さん

生ごみ水切り部門(順不同)

1.匿名

2.匿名

3.亀井 凱一さん

4.恒松 美佐子さん

5.大坪 秀男さん

6.秋本 喜代子さん

7.学校法人 香川学園 宇部環境技術センター(担当:三戸さん)

8.近藤 幸海さん

9.濵田 素明さん

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 廃棄物対策課
〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

  • ごみ収集・し尿収集、ごみの不法投棄に関すること
    電話番号:0836-33-7291 ファクス番号:0836-33-7294
  • ごみの減量・分別に関すること
    電話番号:0836-34-8247 ファクス番号:0836-33-7294

市民環境部 廃棄物対策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。