季節性インフルエンザの予防について

ウェブ番号1004975  更新日 2023年10月10日

印刷大きな文字で印刷

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる感染症です。インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
インフルエンザの流行が始まると、短期間で多くの人に感染が広がります。インフルエンザの症状は、高熱、頭痛、関節痛などで、気管支炎や肺炎などを合併し、重症化する場合があるので注意が必要です。

インフルエンザの予防

  1. 人混みを避け、「外出時のマスク」、「帰宅時のうがいと手洗い」を実行しましょう。
  2. 十分な栄養や休息をとりましょう。
  3. 室内では加湿器などを使って適度な湿度を保ちましょう。(インフルエンザウイルスの広がりには空気の乾燥が関連しているため。)
  4. 流行前までに予防接種を受けましょう。
    ※新型コロナワクチンとの同時接種が可能です。希望される場合は医療機関へご相談ください。

高齢者のインフルエンザ予防接種

高齢者がインフルエンザにかかると、肺炎を併発したり死亡することが多いことから、予防接種法に基づき、下記のとおり予防接種を実施します。

対象者

宇部市に住民票があり、次に該当する接種希望者で、予防接種のことが理解でき、意思表示のできる人

  1. 65歳以上の人
  2. 宇部市に住民登録をしている60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活のほとんど不可能な程度の障害を有する接種希望者。ただし、上記疾患の身体障害1級程度の医師の診断書又は上記疾患の身体障害1級の身体障害者手帳が必要です。

※なお、65歳未満の方(上記の2は除く。)につきましては、全額自己負担となります。接種金額は各医療機関にお問い合せください。

費用

1,490円(生活保護受給者は無料)

接種回数

1回

実施期間

令和5年10月1日~令和6年2月29日

指定医療機関(高齢者のインフルエンザ)

 ※接種希望者は、事前に指定医療機関へ予約してください。

県外での予防接種を希望される方へ

宇部市民の方で、施設に入所している等の理由で県外での接種を希望する場合は、事前申請が必要です。

詳しくは、下記の「定期予防接種を県外で受ける場合」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 健康増進事業、保健センターの管理、感染症予防、予防接種、健康づくりに係る施策の企画・立案・調整及び推進、健康づくり計画、健康づくり推進審議会、成人保健事業、地域の保健福祉の推進に関すること
    電話番号:0836-31-1777 ファクス番号:0836-35-6533

健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。