年金生活者支援給付金制度

ウェブ番号1001945  更新日 2021年9月1日

印刷大きな文字で印刷

年金生活者支援給付金

令和元年10月1日から公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の方などの年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給する年金生活者支援給付金が始まりました。

給付金を受け取るには、支給要件を満たし、請求の手続きを行っていただく必要があります。

令和3年度新たに年金生活者支援給付金に該当する方

老齢・障害・遺族基礎年金を受給している方で、世帯構成の変更や所得額が前年より低下したこと等により、新たに年金生活者支援給付金の支給対象となる方には、令和3年8月下旬頃から順次、日本年金機構が簡易な年金生活者支援給付金請求書(はがき形式)を送付します。必要事項を記入して日本年金機構に返送してください。

請求が遅れると受給できない月が発生する可能性があります。指定期限までに日本年金機構に返送してください。

すでに年金生活者支援給付金を受給されている方

毎年、日本年金機構が支給要件を継続審査しますので、原則手続きは不要です。支給要件を満たさなくなると、不該当通知書が送付されます。

ただし、支給要件を満たさなくなったことにより、一度年金生活者支援給付金を受け取れなくなった方が、その後、再び支給要件を満たしたことにより年金生活者支援給付金の支給を受けようとする場合は、あらためて認定請求の手続きが必要となります。

これから老齢・障害・遺族年金を請求する方

老齢基礎年金・障害基礎年金・遺族基礎年金を新規で手続きされる方は、年金の裁定手続きをする際に、年金生活者支援給付金請求書を提出してください。

年金生活者支援給付金は、3つの種類があります。

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 65歳以上の老齢基礎年金の受給者である。
  2. 同一世帯の全員が市町村民税非課税である。
  3. 前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が781,200円(補足的老齢は881,200円)以下である。(令和3年10月分~令和4年9月分)

※障害年金・遺族年金等の非課税収入は含まれません。

給付額(令和3年度)

保険料納付済期間等に応じて算出されます。

障害年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 障害基礎年金の受給者である。
  2. 前年の所得※1が「4,721,000円+扶養親族の数×38万円※2」以下である。(令和3年10月分~令和4年9月分)
  • ※1 障害年金等の非課税収入は、年金生活者支援給付金の判定に用いる所得には含まれません。
  • ※2 同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。
給付額(令和3年度)
  • 障害等級 1級 : 6,288円(月額)
  • 障害等級 2級 : 5,030円(月額)

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 遺族基礎年金の受給者である。
  2. 前年の所得※1が「4,721,000円+扶養親族の数×38万円※2」以下である。(令和3年10月分~令和4年9月分)
  • ※1遺族年金等の非課税収入は、年金生活者支援給付金の判定に用いる所得には含まれません。
  • ※2同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。
給付額(令和3年度)

5,030円(月額)

振り込み

  • 年金と同じく、偶数月の中旬に前月分までが振り込まれます。
  • 年金と同じ口座、同じ日に、年金とは別に振り込まれます。(通帳には年金と給付金の振り込みが別々に記載されます)

問い合わせ先

  • 給付金専用ダイヤル 0570-05-4092(ナビダイヤル)

年金生活者支援給付金請求書(はがき形式)の見本

写真:年金生活者給付金請求書(はがき)の見本

年金生活者支援給付金請求書(はがき形式)送付用封筒(見本)

写真:日本年金機構発送の封筒の見本

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 国民健康保険事業の企画及び運営、国民健康保険事業特別会計の予算及び決算、国民健康保険運営協議会、国民健康保険に係る保健事業の企画及び運営、特定健康診査及び特定保健指導に関すること
    電話番号:0836-34-8294 ファクス番号:0836-22-6019
  • 国民健康保険の給付に関すること
    電話番号:0836-34-8285 ファクス番号:0836-22-6019
  • 被保険者の資格得喪、国民保険料の賦課に関すること
    電話番号:0836-34-8287 ファクス番号:0836-22-6019
  • 国民保険料の納付、徴収、納付指導、督促及び滞納処分に関すること
    電話番号:0836-34-8289 ファクス番号:0836-22-6019
  • 後期高齢者医療、後期高齢者医療特別会計の予算及び決算に関すること
    電話番号:0836-34-8343 ファクス番号:0836-22-6019
  • 国民年金に関する制度の普及、申請・請求・届出の受付及びその報告、被保険者の資格得喪に関すること
    電話番号:0836-34-8292 ファクス番号:0836-22-6019

健康福祉部 保険年金課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。