補装具費(購入費・修理費)の支給

ウェブ番号1005195  更新日 2022年8月29日

印刷大きな文字で印刷

対象者

  • 身体障害者(児)で、該当する障害の記載があり、等級などの条件を満たす人。
  • 難病患者で対象疾患などの条件を満たす人

内容

身体障害者(児)や難病患者等の失われた身体機能を補完または代替する用具(補装具)の購入または修理に要する費用を一部給付します。

  • ※用具によっては、医師が記入した意見書等を提出して判定を受ける必要があります。
  • ※介護保険で同じ品目の支給または貸与を受けることができる人は、介護保険のご利用が優先になります。

負担額

原則1割負担(世帯の所得に応じた月額負担上限額があります)
※世帯における負担の軽減等を図る観点から、同一世帯に障害福祉サービス等を利用する者が複数いる場合や、障害福祉サービスと介護保険法に基づく居宅サービス等を併用する障害者等がいる場合などにおいて、利用者負担の合計額が一定の額を超える場合には、高額障害福祉サービス等給付費を支給していますが、平成24年4月から補装具費に係る利用者負担もこの高額障害福祉サービス等給付費の算定対象となります。

利用者負担上限額

世帯の収入状況

月額負担上限額

生活保護受給世帯 0円
市民税非課税世帯 0円
市民税課税世帯 世帯(最多納税者)の市民税所得割額
46万円未満
37,200円
市民税課税世帯 世帯(最多納税者)の市民税所得割額
46万円以上
全額自己負担

世帯の範囲

障害児(18歳未満):住民基本台帳上の世帯
障害者(18歳以上):本人及び配偶者

対象品目

視覚障害

  • 盲人安全つえ
  • 義眼
  • 眼鏡(矯正・遮光・弱視)、コンタクトレンズ

聴覚障害

  • 補聴器

肢体障害

  • 義肢
  • 装具
  • 座位保持装置

肢体障害(既製品で対応できる場合などは介護保険が優先)

  • 車椅子
  • 電動車椅子
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ

肢体障害(18歳未満のみ)

  • 座位保持いす
  • 起立保持具
  • 頭部保持具
  • 排便補助具

重度重複障害

  • 重度障害者用意思伝達装置

支給判定

補装具の支給判定は、医師が記入した意見書等により判定する書類判定や、申請者の来所により山口県身体障害者更生相談所での定期相談、または巡回相談で判定する直接判定などがあります。

用具によって判定方法が異なりますので、必ず、購入や修理を行う前にお問い合わせください。

定期・巡回相談

※事前予約が必ず必要です。障害福祉課までお問い合わせください。

日程等は、山口県身体障害者更生相談所のウェブサイトで確認できます。

窓口

  • 障害福祉課(電話:0836-34-8314/ファクス:0836-22-6052)
  • 北部地域振興課 市民生活係(電話:0836-67-2813/ファクス:0836-67-0822)

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害福祉課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 障害者手帳、自立支援医療、用具の給付、福祉医療費の助成、特別障害者等の手当、福祉タクシー券、障害者バス優待乗車証、NHK受信料の減免、有料道路の通行料金割引、やまぐち障害者等専用駐車場利用証、バリアフリーに関すること
    電話番号:0836-34-8314 ファクス番号:0836-22-6052
  • 障害福祉サービス(介護給付及び訓練等給付、障害児通所給付)に関すること
    電話番号:0836-34-8523 ファクス番号:0836-22-6052
  • コミュニケーション支援・理解の促進、障害者の就労支援、障害者スポーツ・文化の振興に関すること
    電話番号:0836-34-8342 ファクス番号:0836-22-6052
  • 障害者に対する差別の解消に関すること
    電話番号:0836-34-8527 ファクス番号:0836-22-6052

健康福祉部 障害福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。