電子くじのしくみ

ウェブ番号1006591  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

電子入札の結果、落札候補者が2者以上いる場合は、電子入札システム内の「電子くじ」により落札者を決定します。
電子くじでは、次のような手順により落札者を決定します。

落札候補者が4者(ABCD)の場合の例

(1)入札書提出順に、応札者が金額入力に併せて、000~999までの任意の「くじ入力番号」を入力します。

ここでは、Aは「23」、Bは「100」、Cは「365」、Dは「960」と入力したとします。

(2)落札候補者には、入札書が到着した順(入札書提出日時)に「ゼロ」から応札順番号を割り当てます。

落札候補者 入札書提出日時 くじ入力番号(事業者入力) 応札順番号
A 令和2年4月1日 13時13分13秒 023 0
B 令和2年4月2日 16時52分04秒 100 1
C 令和2年4月2日 16時52分56秒 365 2
D 令和2年4月3日 10時18分39秒 960 3

(3)乱数を用いることで、「くじ番号」を設定します。

乱数値は、市側の意図で設定できないものとなっています。また、ある事業者が他の事業者の入札書提出日時やくじ入力番号を知ることができたとしても、乱数を用いることで作為的な落札を防止できます。

事業者が入力したくじ入力番号と乱数値を足し合わせたものが、「くじ番号」となります。千以上となった場合は下3桁をくじ番号とします。

例:Aのくじ番号 023(事業者が入力した「くじ入力番号」)+098(乱数)=121

落札候補者 入札書提出日時 くじ入力番号(事業者入力) 乱数値 くじ番号 応札順番号
A 令和2年4月1日 13時13分13秒 023 098 121 0
B 令和2年4月2日 16時52分04秒 100 694 794 1
C 令和2年4月2日 16時52分56秒 365 788 365+788=1153 → 153 2
D 令和2年4月3日 10時18分39秒 960 119 960+119=1079 → 079 3

(4)落札候補者のくじ番号の合計を落札候補者数で割った「余りの数字」を求めます。

121+794+153+079=1147(くじ番号の合計)

1147(くじ番号の合計)/4(落札候補者数)の余りは「3」となります。

(5)応札順番号と余りの数字と一致する落札候補者が落札者となります。

この場合、応札順番号が余りと同じ「3」である「D」が落札者となります。

このページに関するお問い合わせ

総務財務部 契約課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 工事の請負、業務の委託及び物品の購入等に係る業者の資格審査、入札の参加資格及び選定、入札の執行及び契約、不用品の処分に関すること
    電話番号:0836-34-8183 ファクス番号:0836-22-6057

総務財務部 契約課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。