子どもの予防接種

ウェブ番号1003301 

印刷大きな文字で印刷

予防接種は「不要不急」の外出ではありません。

予防接種は、決して「不要不急」ではありません。
予防接種の接種期間は、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。
お子さまの健やかな成長のために、一番必要な時期に受けましょう。

(参考)新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ

感染症からお子さんを守るために、予防接種を受けましょう

赤ちゃんがお母さんからプレゼントされた病気に対する抵抗力(免疫)は、生後数か月で失われます。予防接種は、赤ちゃん自身が免疫をつくって病気を予防するのに役立ちます。子どもは成長とともに外出の機会が多くなります。予防接種で免疫をつけ、感染症にかからないようにしましょう。
感染症ごとにかかりやすい年齢及び流行期間があります。それまでに体調のよいときにワクチンの接種を完了しておくことが大切です。また、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期接種の機会を逸した方は、疾病内容等を考慮し、定期予防接種として受けることができるようになりました。かかりつけの医師などにご相談ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 健康増進事業、保健センターの管理、健康づくりに係る施策の企画・立案・調整及び推進、健康づくり計画、健康づくり推進審議会、成人保健事業、地域医療対策の推進、救急医療対策の推進、休日・夜間救急診療所、感染症予防、予防接種に関すること
    電話番号:0836-31-1777 ファクス番号:0836-35-6533

健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。