最近の交流(スペイン カステジョ・デ・ラ・プラーナ市)

ウェブ番号1007237  更新日 2022年6月22日

印刷大きな文字で印刷

宇部市長とカステジョ市長のオンライン対談(令和4年度)

令和4年5月13日(金曜日)、宇部市長とカステジョ・デ・ラ・プラーナ市長が、姉妹都市締結3周年を記念したオンライン対談を実施し、両市の近況や今後の交流内容について協議しました。
篠崎市長は、市役所新庁舎1期棟の機能や、庁内にカステジョ市産のセラミックタイルを使用したベンチを設置したことなどを報告。
カステジョ市のマルコ市長は、市内の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や、市内で開催されたイベントなどを紹介されました。

また、今後について両市長は、食、経済、スポーツ、福祉、文化等の分野で交流を進めていくことを確認しました。

オンライン対談の様子

カステジョ市の市制施行記念行事にて宇部市のPR(令和元年度)

令和元年9月5日(木曜日)から訪問団を派遣し、9月8日(日曜日)に開催されたカステジョ市市制施行記念行事に参加しました。

両市の今後のさらなる親交を深めていくために、カステジョ市で開催された市制施行記念行事において「宇部市ブース」を出展。Ube Cha(ウベチャ:宇部産のお茶)の試飲や、「Ube Chaアンバサダー」のミゲル・バレーラ氏による粉末緑茶を使用したUbe Chaアイスを披露するとともに、映像を用いて本市の魅力をPRしました。

また、滞在期間中に現地の飲食店や仕入れ業者等に、宇部の特産品の魅力について説明し、今後の販路開拓のための経済交流についての協議をしました。

写真:カステジョ商工会議所と協議

写真:カステジョ市長との協議

写真:宇部市ブース

写真:ミゲル・バレーラ氏講演

ミシュランスターシェフがお茶のアンバサダー就任(令和元年度)

本市は、2019年4月4日(木曜日)に姉妹都市提携の調印をしたスペイン カステジョ・デ・ラ・プラーナ市との経済交流を加速するために、カステジョ市から飲食・公衆衛生担当副市長 マリー・カルメン・リベラ・ソリアーノ氏やスペインを代表するミシュランスターシェフのミゲル・バレーラ氏らをお招きしました。

滞在期間中、ミゲル氏が経営するレストランの紹介、ミゲル氏監修のスペイン料理披露、本市の料理人等との交流イベントなどを行い、両市の食を通じた経済交流を進めました。

また、ミゲル氏に本市のお茶のアンバサダーに就任いただくとともに、カステジョ市の市制施行記念日イベントや「日本・スペインシンポジウム2019」の機会に、お茶やお茶を使った料理を紹介してもらうことで、カステジョ市において本市のお茶の魅力を発信していただくことになりました。

写真:市内飲食店との料理交流

写真:ミゲル市 お茶アンバサダー就任

このページに関するお問い合わせ

観光スポーツ文化部 観光交流課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 観光、観光ボランティアガイド(てくてくまち歩き等)の申込、団体旅行の助成金に関すること
    電話番号:0836-34-8353 ファクス番号:0836-22-6083
  • 姉妹友好都市、多文化共生に関すること
    電話番号:0836-34-8136 ファクス番号:0836-22-6083

観光スポーツ文化部 観光交流課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。