救急医療緊急アピール

ウェブ番号1004897 

印刷大きな文字で印刷

平成27年2月17日に、宇部・山陽小野田・美祢広域救急医療対策協議会が「救急医療緊急アピール」を行いました。

「救急医療緊急アピール」に至った経緯

救急医療の現状として、夜間に入院や手術が必要な重症の患者を受け入れる二次救急医療機関に軽症の患者が集中していることから、緊急性の高い患者の対応の遅れや、医師の疲弊などの課題が明らかになりました。

このままでは、救急医療が破綻してしまうとの懸念から、協議会では「救急医療緊急アピール」を行い、市民に救急医療を守るための呼びかけを行いました。

協議会の委員、協議事項

本協議会は、昭和54年に設置されたもので、現在、宇部・山陽小野田・美祢広域地域における救急医療体制の整備に関して、地域の総合的かつ効果的な対策の確立及び実施を目的として、医療機関、医師会、消防、行政で構成された委員が、これまで救急医療の実施体制などについて検討を行っています。

救急医療緊急アピール文(平成27年2月17日 宇部・山陽小野田・美祢広域救急医療対策協議会)

救急医療に携わる医師の疲労は限界!このままでは救急医療が守れません!

市民のみなさまに緊急のお願い

  1. 安易に救急車を呼ばないでください。
  2. 緊急性のない夜間受診はやめ、できるだけ日中の時間帯に受診してください。
  3. 普段から「かかりつけ医」を持ち、緊急時のことは日頃からかかりつけ医と相談しておきましょう。
  4. 病院・医師会・消防・行政は、救急医療を守るために努力を続けます。

今後の取組み

宇部市では緊急アピールを受け、関係団体等と連携を図り、救急医療の適正利用推進キャンペーン実施します。

  1. 救急医療啓発チラシ等の配布
  2. 救急医療キャラバン隊の公共施設や店舗等の巡回による対面啓発

参考

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 健康増進事業、保健センターの管理、健康づくりに係る施策の企画・立案・調整及び推進、健康づくり計画、健康づくり推進審議会、成人保健事業、地域医療対策の推進、救急医療対策の推進、休日・夜間救急診療所、感染症予防、予防接種に関すること
    電話番号:0836-31-1777 ファクス番号:0836-35-6533

健康福祉部 健康増進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。