ここから本文です。

更新日:2018年10月29日

宇部市洪水ハザードマップ

宇部市洪水ハザードマップ(洪水避難地図)とは

大雨により河川がはん濫した場合の浸水想定(浸水の予想される範囲・浸水の深さ)や、避難場所等の防災上必要な情報を表示した地図のことをいいます。現在、宇部市では厚東川、中川、有帆川及び真締川の洪水ハザードマップを作成しています。いざというときに備えて、この地図の利用方法を理解しておきましょう。
なお、地図上の浸水想定は、排水溝等からのはん濫や高潮等は考慮されていません。そのため、地図に示した浸水区域以外で浸水したり、浸水の深さが実際と異なったりすることもありますので、十分に注意してください。

(以下のリンク先は視覚障害のかたへ未対応な情報を含みます)

厚東川水系(厚東川、中川)

有帆川水系(有帆川)

真締川水系(真締川)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:防災危機管理監 防災危機管理課 防災危機管理係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8139

ファックス番号:0836-29-4266