市長メッセージ デルタ株感染拡大防止集中対策の期間延長を受けて(令和3年9月9日)

ウェブ番号1013597  更新日 2021年9月9日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆さまへ

山口県は、本日、「デルタ株感染拡大防止集中対策」期間を9月26日まで延長し、飲食店等への営業時間短縮要請などの対策を継続することを発表しました。

県内の感染状況は、9月に入り県外との往来に起因する新規感染者数は減少傾向にあるとともに、8月30日から始まった飲食店等への営業時短要請後は飲食店を利用して感染した人は大きく減少しています。しかし、医療提供体制への負担は依然としてひっ迫しており、感染源が不明の孤発事例も連日10人前後発生するなど感染が収まったといえない状況が続いています。

本市においても、9月に入ってからは、30歳代以下の若い人の感染が全体の約75%を占めており、感染者の20%は感染源が特定されていない状況です。子どもの感染が多発しており、学級閉鎖の対応を取る学校も出てきています。

このような状況から、本市では、現在行っている本市の公共施設の原則休館と、市主催イベントの原則中止または延期の措置を、県にあわせて、9月26日まで延長いたします。

また、山口県が営業時間の短縮や休業を要請している飲食店等に対しては、本市独自の経済支援を実施するため必要となる経費について、現在会期中の市議会9月定例会に追加の補正予算案を提出しています。

施設や飲食店等をご利用されている方々、また、イベント等を楽しみにされていた方々には、ご不便をおかけしいたしますが、本市の取組にご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

本市では、ワクチン接種を希望するすべての方が、10月末までに2回接種が完了するよう、新型コロナワクチンの接種をさらに進めてまいります。

市民の皆様におかれましては、感染再拡大を防ぎ、ご自身とご家族、大切な人の命を守るために、引き続き感染防止対策を徹底していただきますようお願いいたします。

令和3年9月9日
宇部市長 篠﨑 圭二