市長メッセージ 県のデルタ株感染拡大防止集中対策実施を受けて(令和3年8月13日19時30分)

ウェブ番号1013405  更新日 2021年8月13日

印刷大きな文字で印刷

再生時間:2分54秒

デルタ株感染拡大防止集中対策。集中対策期間。8月13日(日曜日)~31日(日曜日)

集中的な取組により、本県での感染の再拡大を阻止!

市民の皆様へ

新規感染者が急増し、医療提供体制への負荷が蓄積するなど、予断を許さない状況にあることから、山口県は本日、感染状況のステージを「3」に引き上げ、8月31日まで「デルタ株感染拡大防止集中対策」を実施することを発表しました。

山口県では、今月に入り、変異株による感染が新規感染者の約8割にのぼり、また、県外との往来に起因する感染が約6割を占めています。

本市においても、夏休みやお盆の時期を迎え、県外との往来に由来する新規感染者が急増しています。

発熱などの症状がある方は、まずは受診・相談センターにご相談ください。

受診・相談センター専用ダイヤル ♯7700(毎日24時間対応)

市民の皆様には、引き続き、県境をまたぐ移動や帰省等は自粛してください。

特に、東京や大阪、福岡など緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象都道府県との往来は、最大限の自粛をお願いします。

ご家族やお知り合いが、やむを得ず帰省・来県される場合には、現在、山口県が実施しているPCR検査を積極的にご活用くださるとともに、不要不急の外出を控えるなど、慎重な行動を強く呼びかけてください。

マスクの着用やこまめな手指消毒、会食は少人数・短時間とするなど、基本的な感染予防対策をこれまで以上に徹底していただくよう、強くお願い申し上げます。

令和3年8月13日
宇部市長 篠﨑圭二

発熱などの症状がある方へ まずは電話でご相談。

受信・相談センター#7700(専用ダイヤル 毎日24時間対応)。IP電話、ひかり電話など#7700を利用できない場合は 083-902-2510。