市長メッセージ(令和3年5月11日)

ウェブ番号1012546  更新日 2021年5月12日

印刷大きな文字で印刷

市民の皆様、事業者の皆様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、「新しい生活様式」の実践等、ご協力をいただき感謝申し上げます。

また、医療関係者を始め、私たちの健康や生活の維持に欠かすことのできない職業に従事するすべての方々に、深く感謝申し上げます。

現在、新型コロナウイルスの感染は、全国的にも都市部を中心に歯止めがかからない状況から、東京や大阪などに発出されていた「緊急事態宣言」の期間が延長されるとともに、隣県の福岡県が、あらたに緊急事態宣言の区域に追加されました。

山口県においても、急増する新規感染者の9割以上が感染力の強い変異株で、県内各地でクラスターが相次いで発生しています。このことから、医療提供体制への負荷が蓄積するなど、予断を許さない状況にあり、山口県も第4波が到来しているとして、感染状況のステージが「3」に引き上げられました。

本市でも、4月以降、幅広い年代に感染が確認されており、再び感染者数が増加に向かうか、それとも減少に転じるか、「第4波」の大きな正念場に立っています。

市民の皆様の安心・安全な生活につなげるため、現在、山口県や医療機関等の関係機関と連携し、施設消毒や大規模なPCR検査の実施など、感染拡大防止に向けた対策に迅速に取り組むとともに、引き続き、正確な状況を把握し、市ウェブサイト等を通じて早期に発信してまいります。

体調が不安な方は、市内の医療機関でPCR検査や抗原定量検査を受けることができますので、事前にかかりつけ医、または宇部市保健センター(0836-31-1777)にお問い合わせください。

また、発熱や咳など感染を疑う症状が出た場合には、外出を控え、速やかに、かかりつけ医や受診・相談センター等に相談してください。

相談窓口

受診・相談センター ♯7700

または 083-902-2510(毎日24時間対応)

市民の皆様には、ご自身と大切な人を守るため、感染再拡大の阻止に向けて、引き続き、3密を避け、「マスクの着用」、「手洗い」、「感染リスクが高まる「5つの場面」に注意する」など、基本的な感染防止対策の一層の徹底をお願いするとともに、次の点について、ご協力をお願いします。

県境をまたぐ移動についての注意

  • 「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が発出されている区域との往来は、やむを得ない場合を除き、自粛を強くお願いします。
    やむを得ずこれらの区域と往来する場合は、感染予防対策を徹底し、移動先の自治体が発する外出・移動の自粛などの要請に従うようお願いします。
  • その他の県境をまたぐ移動は、移動先の地域の感染拡大の状況や自治体の発する情報に留意して、慎重に判断いただくとともに、移動される際には、万全の感染予防対策を講じてください。

感染予防対策の徹底

  • 現在、山口県では、3密環境などリスクの高い場所でクラスターが度々発生しています。
    感染拡大を防ぐには、基本的な感染予防対策の徹底が最も重要です。「新しい生活様式」を実践いただき、3密を避け、「マスクの着用」、「手洗い」、「共用部分の消毒」、「感染リスクが高まる「5つの場面」に特に注意する」など、引き続き、基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。
  • 会食の際には、少人数・短時間で、新型コロナウイルス対策取組宣言飲食店など、感染防止対策に取り組む飲食店を利用するとともに、飲食店から求められる感染防止対策への協力をお願いします。

事業者の活動における注意

  • 「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が発出されている区域への出張や、こうした区域から県内への来訪については控えるようお願いします。
    また、これらの区域からの来訪を伴う会議やイベント等は、メールやオンライン配信等の代替開催を検討するとともに、やむを得ず開催される場合は、感染防止対策を徹底してください。
  • 感染予防及び感染拡大防止のため、これらの区域への移動があった従業員等に対する健康管理には、格別の配慮をお願いします。
  • 業種ごとの「感染拡大予防ガイドライン」に基づく感染防止対策を、引き続き徹底してください。

感染された方等への差別・偏見の防止

  • 感染者自身のほか、最前線で治療にあたる医療従事者、感染者が発生した団体に属する方、県外との往来のあった方や外国人等に対する誹謗中傷や差別は絶対にやめてください。
  • また、公的に出される情報を確認して、根拠のない情報やうわさ話などに惑わされないよう注意をお願いします。

令和3年5月11日
宇部市長 篠﨑 圭二

第4波ではクラスターが多発!変異株は、感染力が強いため、感染予防対策の徹底を!

感染リスクが高まる「5つの場面」。飲食を伴う懇親会等。大人数や長時間におよび飲食。マスクなしでの会話。狭い空間での共同生活。居場所の切り替わり。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。