報道発表

宇部市交通局 交通系ICカード「ICOCA」導入

ウェブ番号1014721  公開日 2022年1月25日

印刷大きな文字で印刷

宇部市交通局では、令和4年3月から、路線バスに交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」を導入し、当該カードによるICOCA乗車券及び定期券の販売及び運用を開始します。

ICカードの導入により、スムーズな乗降による運行時間短縮や乗継ぎ割引実施等の利便性が向上されます。また、他の交通機関やコンビニエンスストア等店舗でも使用できることから、相互利用によりバスの新規利用の拡大を図ります。

今回のICカードの導入に伴い、現行のバスカードは段階的に取扱いを終了します。

適用路線

宇部市交通局の路線バス全線

販売開始

令和4年3月1日(火曜日)~

ICOCA乗車券は2,000円で販売

※デポジット(カード発行預り金)500円を含む。

デポジットは、カードの払い戻し時に返金します。

対応券種及び販売場所

別紙のとおり

※回数乗車券及び団体乗車券は非対応

サービス開始

令和4年3月15日(火曜日)~ 

さ~イコカ(ICOCA)

告知及びキャンペーン

告知

2月から、バス停及びバス車内のほか、交通局ウェブサイト等で周知

キャンペーン

3月中に商業施設等で実施

早期購入特典

ICOCA乗車券又は定期券を購入された先着1,000名様にノベルティグッズを進呈

サービス内容

  1. ICOCA乗車券に入金されたSF(注)で路線バス運賃の支払いができます。
    1時間以内の乗り継ぎの場合、50円(小児は30円)の割引を適用します。
    注)SF(ストアードフェア)は、ICカード内にチャージ(入金)された
    電子マネーで、運賃等に使用できます。
  2. 定期券としても利用できます。(バスICOCA定期券)
    ICOCA乗車券に、バスICOCA定期券の追加ができます。
  3. 宇部市高齢者優待乗車証としても使えます。(50円の乗継割引も適用)
  4. 全国相互利用交通系ICカードでも路線バス運賃の支払いができます。
写真:ICOCA
ICOCA乗車券及び定期券

使い方

乗車時及び降車時にバス乗車口付近及び運賃箱に設置しているICカードリーダーに「ICOCA」をタッチすることで、利用できます。

写真:ICカードリーダー
乗車時のICカードリーダー
写真:ICカードリーダー
降車時のICカードリーダー

バスカードの販売終了及び払い戻し

  • 販売終了 令和4年2月28日(月曜日)
  • バス車内での利用終了 令和4年9月30日(金曜日)
  • バスカードの払い戻し終了 令和9年9月30日(木曜日)

※令和4年9月30日までの払い戻しは、200円の手数料が必要です。

令和4年10月1日以降、払戻手数料は無料となります。

参考

「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社(本社大阪府大阪市 代表取締役社長 長谷川一明)のシステムにより運営される交通系ICカード。鉄道やバスでの利用のほか、ICOCA加盟店では電子マネーとして、買い物の支払いにも利用できる便利なICカードで、入金(チャージ)することにより、繰り返し利用可能。

このページに関するお問い合わせ

交通局
〒759-0134 宇部市大字善和字牛明203番地90
電話番号:0836-31-1133 ファクス番号:0836-22-1772

交通局へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。