報道発表

「地域おこし協力隊の委嘱状交付式」を行います

ウェブ番号1013940  公開日 2021年10月29日

印刷大きな文字で印刷

宇部市小野地区では、平成29年3月に地域計画である「小野プロジェクト」を策定し、高齢者の生活支援、特産品の開発、観光促進や移住定住の促進などに取り組んでいます。このたび、小野地区の活性化に向けた「小野プロジェクト」を推進する隊員が決定しましたので、次のとおり委嘱状交付式を行います。

日時

令和3年11月4日(木曜日)9時~

場所

市役所 本庁舎2階 市長応接室

隊員氏名

梅澤 脩(うめざわ おさむ)

委嘱期間

令和3年11月4日~令和4年3月31日
(以降、更新の場合あり。最長で令和6年11月3日まで)

活動内容

1.地域情報の発信

  • 地域の魅力や移住希望者に向けた空き家情報など、最新の情報を小地地区の総合サイト「インフォメーションセンターおの」やYOUTUBEチャンネル「おのきずなチャンネル」を利用して外部に発信する。
  • 小野地区の会議やイベントなどのコミュニティ情報や小学校の様子などを、地区内の無線システム「おのきずなトーク」を利用して地区内に発信する。また、地域おこし協力隊専門プログラムの放送も開始する。

2.小野への移住推進

  • 空き家の状況調査や所有者との連絡調整など、利活用可能な空き家ストックの増に地域団体や行政と連携しながら取り組み、移住希望者とのマッチングを図る。
  • 小野地区の人口減少対策プロジェクトチーム「スイートホームおの」との連携を図り、PR動画の作成(R3年度完成予定)や移住者の獲得に向けた様々な取り組みを企画する。

3.伝統文化と特産品の活性化と情報発信

  • 小野地区に古くから伝わる「和紙づくり」の継承や商品開発に取り組む。
  • 宇部市の誇る特産品である「小野産のお茶」の情報発信や購買層の拡大に取り組む。

4.生徒・学生との連携

  • 現在、小野地区と連携して活動をすすめている山口大学医学部、山口大学国際総合科学部、宇部高専、宇部高校、宇部フロンティア大学付属香川高校との連携をより深めて、高齢者の健康づくり、若者の視点からの商品開発、特産品マルシェの開催などに協働して取り組む。

参考

地域おこし協力隊とは

総務省が支援する制度で、都市地域から過疎地等の条件不利地域に住民票を異動し、生活の拠点を移したものを、地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。隊員は一定期間、地域に居住して、地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取り組み。

このページに関するお問い合わせ

総合戦略局 政策企画グループ
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 総合計画、総合計画審議会、市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6008
  • 移住定住の推進に関すること
    電話番号:0836-34-8480 ファクス番号:0836-22-6008

総合戦略局 政策企画グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。