報道発表

地域住民が利用しやすい施設環境の整備に向けたスマートロックを活用した取り組み

ウェブ番号1012737  公開日 2021年5月28日

印刷大きな文字で印刷

本市と構造計画研究所(代表執行役社長:服部 正太)は、公共施設管理の課題解決とスマート化を推進するため、ICTを活用した持続可能な公共施設管理の試験運用に関する基本協定を締結しました。

本市では「スポーツを楽しむ元気なひとの元気なまち」を基本理念とし、市民が身近な場所でスポーツができる環境づくりのために、市内の学校体育施設の開放を促進するなどの取り組みを進めています。その運用にあたっては、施設利用状況の実態把握や鍵管理の負担が大きいという課題を抱えており、その課題解決に向けて、スマートロック「RemotoLOCK」と構造計画研究所が開発した予約管理システム「まちかぎリモート」を用いた実証実験を実施します。この実証実験を通じて、市民が利用しやすい施設環境の整備に寄与してまいります。

基本協定の概要

締結日

令和3年(2021年)5月28日

取組内容

市内の小学校の5つの体育施設の入口及び施設館内の備品庫に「RemotoLOCK8j」を設置し、予約・利用を一元管理できる「まちかぎリモート」を用いてその運用を行う実証実験を実施します。「RemotoLOCK8j」と「まちかぎリモート」の連携には、文部科学省「GIGAスクール構想(※)」の取り組みの一環で本市が構築したWi-Fi環境を用います。実証実験は2021年5月28日から10月31日まで実施し、その効果を確認できれば、期間の延長も検討します。

(※)1人1台の端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする確実に育成できる教育環境を実現する構想のこと。

対象施設

見初小学校、琴芝小学校、上宇部小学校、鵜ノ島小学校、厚南小学校

RemotoLOCKとは

「RemoteLOCK」はLockState社(本社:米国コロラド州)が開発し、日本国内では構造計画研究所が提供するテンキー型のスマートロックです。Wi-Fi接続により暗証番号・入室を遠隔から管理することが可能です。暗証番号のみによる入室が可能となるため、海外の方を含む不特定多数の方による公共施設の利用と非常に親和性が高く、またセキュリティの担保と施設の省人化運用の両立についても、宿泊施設や店舗等において、多くの実績があります。

このページに関するお問い合わせ

観光・シティプロモーション推進部 文化・スポーツ振興課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 文化の振興、文化団体活動の推進に関すること
    電話番号:0836-34-8616 ファクス番号:0836-22-6083
  • スポーツの推進、スポーツ団体、体育施設に関すること
    電話番号:0836-34-8614 ファクス番号:0836-22-6083

観光・シティプロモーション推進部 文化・スポーツ振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。