報道発表

新型コロナウイルスワクチン集団接種で生じた余剰ワクチンの対応のお知らせ

ウェブ番号1012682  公開日 2021年5月24日

印刷大きな文字で印刷

集団接種会場で使用するファイザー社製ワクチンは、希釈後6時間以内に使用する必要があります。また、1バイアル(瓶)あたりの接種人数も6人と決まっているため、予約のキャンセル等があった場合、余剰ワクチンが生じます。

本市では、6月5日(土曜日)から実施する集団接種において、キャンセル等で余剰となったワクチンを無駄なく接種できるよう、市内に居住する市職員、公立小中学校職員などのうち、次の条件に該当する者に対して接種します。

条件

  • 感染リスクの高い職種であること
  • 不特定多数に接触する可能性があること
  • 子ども等感染時に影響が強い環境にいること

対象者

  • 集団接種会場に従事する市および委託事業所の職員
  • 災害時避難場所拠点要員
  • 小中学校の養護教諭および特別支援学級教諭
  • 家庭訪問等の業務担当職員(ケースワーカー、保健福祉専門職、介護認定調査員等)
  • 保育士

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症医療対策室
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目1番10号

  • 新型コロナウイルス感染症に係る検査及びワクチンの接種に関すること
    電話番号:0836-39-9908 ファクス番号:0836-35-6533

新型コロナウイルス感染症医療対策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。