報道発表

コブハクチョウとコクチョウを常盤湖に放鳥します

ウェブ番号1012581  公開日 2021年5月13日

印刷大きな文字で印刷

本市では、「高病原性鳥インフルエンザ対策」として、感染リスクの高い期間である令和2年11月1日から、ときわ公園内の飼育施設でハクチョウを飼育し、感染予防を講じてきました。

例年であれば、感染リスクが低下する5月1日頃に放鳥しますが、3月27日にコブハクチョウが抱卵を始めたことから、刺激を与えないために全てのコブハクチョウとコクチョウの放鳥を見合わせてきました。

このたび、5月17日にコブハクチョウとコクチョウを常盤湖に放鳥します。

なお、抱卵中の卵を5月11日に確認したところ、無精卵であることがわかりましたので、卵が孵化する可能性はなくなりました。

放鳥日時

令和3年5月17日(月曜日)10時30分~

放鳥場所

白鳥湖(親水護岸周辺)

放鳥する個体

コブハクチョウ4羽、コクチョウ1羽

このページに関するお問い合わせ

観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園企画課
〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

  • ときわ公園の活性化策に係る企画立案、調整及び推進等に関すること
    電話番号:0836-54-0551 ファクス番号:0836-51-7205
  • ときわミュージアム世界を旅する植物館に関すること
    電話番号:0836-37-2888 ファクス番号:0836-37-2889

観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。