報道発表

ときわ公園のコブハクチョウが抱卵中

ウェブ番号1012442  公開日 2021年4月27日

印刷大きな文字で印刷

~ゴールデンウイーク期間中にも久々のヒナ誕生か~

ときわ公園では、ハクチョウへの市民の厚い思いを受け、平成29年(2017年)5月に下関響灘ライオンズクラブから1組のつがいのコブハクチョウを貰い受けて、ハクチョウの飼養を再開しました。現在は、神戸どうぶつ王国から譲り受けた1組のつがいのコブハクチョウと、1羽のコクチョウを加え、合わせて5羽を飼養しています。

こうした中、市制施行100周年を迎える本年3月16日の朝に、神戸どうぶつ王国から譲り受けたつがいのコブハクチョウが、1つの卵を産卵し、以後3月29日までの間に、5個の卵の産卵が確認されています。

コブハクチョウの抱卵期間は概ね40日程度と言われており、早ければ5月上旬、ゴールデンウィーク期間中にもヒナが誕生する可能性があります。

なお、無事にヒナが誕生した場合、今年の秋ごろには親離れの時期を迎えますが、この頃には親鳥の若鳥に対する攻撃性が高まるため、親子を隔離する飼育舎の設置を検討しています。

コブハクチョウの産卵状況

産卵確認日

  • 令和3年3月16日(火曜日)朝、夕
  • 令和3年3月20日(土曜日)朝
  • 令和3年3月22日(月曜日)朝
  • 令和3年3月29日(月曜日)朝

産卵数

5個の卵を確認(有精卵、無精卵は未確認)

抱卵開始

令和3年3月27日(土曜日)

抱卵期間

概ね40日

孵化時期

5月上旬(見込み)

ご協力のお願い

抱卵期間中のコブハクチョウは、とても神経質になっているため、来園者には白鳥飼育舎の周辺で大きな声や音を出すなどして、脅かすようなことがないよう、ヒナ誕生まで温かい見守りをお願いします。

写真:コブハクチョウ

このページに関するお問い合わせ

観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園企画課
〒755-0001 宇部市大字沖宇部254番地

  • ときわ公園の活性化策に係る企画立案、調整及び推進等に関すること
    電話番号:0836-54-0551 ファクス番号:0836-51-7205
  • ときわミュージアム世界を旅する植物館に関すること
    電話番号:0836-37-2888 ファクス番号:0836-37-2889

観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。