092-1 新たな観光ビジネスの創出

ウェブ番号1006868  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

健康志向が高まる中、宇部市の地域資源や医療施設を活用し、新たな観光ビジネスの創出を図ります。

取組の目標

産業観光を拡充するとともに、都市と農村をつなぐグリーンツーリズムや環境と観光を融合させたエコツーリズムなどを組み合わせた「うべふるさとツーリズム」の創出や、山口宇部空港を活用した観光パック商品の開発等を行い、新たな観光ビジネスの創出を図ります。

現状と課題

現状

地域資源を生かした新たなツーリズムとして、美祢市・山陽小野田市との広域連携による工場、産業関連施設、近代化産業遺産等を活用した、産業観光バスツアーを実施しています。

北部地域には、環境学習や都市と農村をつなぐ拠点となる「アクトビレッジおの」「楠こもれびの郷」等の施設を有し、さらに市内には、県を代表する高度医療施設が集積していますが、これらの施設は地域資源として十分活用されていない状況です。

山口宇部空港を活用した取組として、空港利用促進振興会と連携し、国内外でのエアポートセールスの実施や、県や旅行会社と連携した国際チャーター便の運航数増加に向けた活動を実施しています。

課題

産業観光に加え、新たなツーリズムや観光ビジネスを創出するためには、「アクトビレッジおの」「楠こもれびの郷」等の観光拠点となりうる施設を活用し、さらには周辺の地域資源を掘り起こし、これらを磨きあげ、訪れる人々に魅力を伝えることができる人材の育成が必要です。

旅行形態が団体から個人へ移行している現在、旅行者の多様な嗜好に対応し、また体験型や地域の人々との交流ができるメニューを構築することが必要です。

本県の空の玄関口である山口宇部空港を活用した、県や近隣市との連携による広域観光ルートを創出し、首都圏や海外へ向けた誘客PRも重要です。

主要事業

主要事業092-1-1 ニューツーリズム創出事業

具体的な取組

  • 産業観光の土日実施や食の充実など、ツアーの魅力を更に高めます。
  • 北部地域の自然素材や文化とのふれあい体験、楠こもれびの郷の農業研修交流施設「万農塾」等を活用したエコ・グリーンツーリズムを創出するとともに、高度医療施設などを活用したメディカルツーリズムなど本市ならではの地域資源を生かした新たなツーリズムの創出に取り組みます。
  • 山口宇部空港を活用した観光パック商品の開発や、空港の利用促進を図るエアポートセールスを県や近隣市と連携して実施します。
  • 地域の人材や資源を有効に生かすためのコーディネーターの育成を行います。

目標指標

成果指標 現状値 基準年 目標値
うべふるさとツーリズムへの参加者数(人/年) - 平成20年 1,000
産業観光バスツアー参加者数(人/年) 1,000 平成20年 1,500
山口宇部空港を活用した観光パック商品の開発(種類/年) - 平成20年 8

用語「グリーンツーリズム」

農山漁村地域において、自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の観光活動で、具体的には、農作業体験や農産物加工体験、農林漁家民泊などのことをいいます。

用語「エコツーリズム」

自然環境や歴史文化を対象とし、それらを損なうことなく、体験し学ぶ観光活動で、具体的には、自然探訪、野生生物の観察、植林や清掃といった環境保全のために実際に貢献するボランティア活動などのことをいいます。

用語「エアポートセールス」

空港の利用促進はもとより、地域のビジネスや観光交流促進のために行われる空港PR活動のことをいいます。

用語「メディカルツーリズム」

医学的な根拠に基づく健康回復や維持・増進につながる観光活動で、具体的には、治療や検診を受けながらその土地での観光も楽しむ旅行形態のことをいいます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。