087-1 地域ブランドの創出

ウェブ番号1006863  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

農・林・漁・商・工の連携により、新たなブランド化、ビジネス化を進めます。

取組の目標

農・林・漁・商・工の連携を推進し、新たな地域ブランドを創出することにより、地域産業の活性化を目指します。また、企業誘致を促進することで、産業都市としての地域ブランド力を高めます。

現状と課題

現状

全国的に「農商工連携」等を活用した新事業創出の取組が進められており、本市においても主に一次産業を中心とした商品のブランド化・ビジネス化に向けた取組を始めています。

本市は産業都市として、企業集積とともに学術研究機関や産業支援機関、理工系の高等教育機関の集積があることから、産学公連携による地域ブランド力の向上を進めています。

課題

市内の一次産品を活用し、農林漁商工連携等により製品化される「うべ元気ブランド」商品の開発を進めることが必要です。

一次産業のみならず、二次産業、三次産業へと波及させ、六次産業化による産業の活性化や宇部のイメージアップを図る必要があります。

産業都市としてのブランド力を高めるために、企業誘致をより一層進める必要があります。

主要事業

主要事業087-1-1 うべ元気ブランド育成事業

具体的な取組

  • 意欲のある一次産品生産者や当該加工品製造業者に対し、、うべ元気ブランド認証制度を創設し、同制度を通じて販売促進等を支援します。
  • 認証商品の増産等のために加工場の整備を支援します。

主要事業087-1-2:企業誘致推進事業

安心 033-1「産業振興による雇用確保の促進」主要事業033-1-3に関連(「本論(安心)」)

具体的な取組

  • 市長の企業訪問によるトップセールスや宇部市企業誘致対策特別チーム(幹部職員)や、宇部ふるさと大使などによる産業団地のPR、誘致企業の情報収集を行います。
  • 宇部市イノベーション大賞を創設し、工業設置奨励金制度の充実を行います。

目標指標

成果指標

現状値

基準年

目標値

うべ元気ブランド認証件数(件・累計) - 平成20年 20
産業団地企業立地件数(件・累計) 40 平成20年 48

用語「六次産業化」

農林水産物の生産(一次)だけでなく、食品加工(二次)、流通・販売等(三次)にも農業者らが主体的かつ総合的に関わることで、第二次・三次産業事業者が得ていた付加価値を農業者らが得ようとする取組(一次×二次×三次=六次産業)のことをいいます。

用語「うべ元気ブランド認証制度」

農林漁商工連携等により製品化された加工品を「うべ元気ブランド」として本市が認証し、市内地産品の消費拡大又は販路促進を行なうことを目的とする制度のことをいいます。

用語「宇部ふるさと大使」

本市出身者又は本市にゆかりのある人で、産業、文化、観光等の振興を図るため、宇部の魅力を全国に発信するとともに、市に対しても情報提供や助言を行うことを本市から委嘱された人のことをいいます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。