068-2 地域資源とふれあう教育の実施

ウェブ番号1006857  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

彫刻や地域資源とのふれあいによる文化・歴史教育を通じて、子どものふるさとへの愛着心を育成します。

取組の目標

本市のまちづくりの歴史や常盤公園を始めとした地域資源を学び、ふれあうふるさと学習を進めることにより、ふるさとへの愛着心を持つ子どもたちを育成します。

現状と課題

現状

本市の特色ある地域資源や文化・歴史について子どもたちが学習することは、ふるさとへの愛着心や郷土愛を育むことにつながることから、小中学校の学習指導要領では、社会科等で地域に関する学習を行うことになっています。

小中学校において本市の歴史や自然、文化、産業などの学習教材として副読本を作成し社会科の授業においてふるさと学習を行っています。

総合的な学習の時間を活用した地域資源の見学や体験を通した学習を行っています。

本市のシンボルである常盤公園内の「ときわミュージアム」において、地域資源とふれあい、学習できる機会として、子どもの参加を中心とした彫刻や植物に関連した企画展やワークショップ等を実施しています。

課題

ふるさとについての副読本の改訂に当たって、広範な資料収集のためには、学校と関係団体等との連携を図る必要があります。

学習指導要領の改訂により、総合的な学習の時間が少なくなる中で、ふるさと学習を充実させる多様な取組が必要です。

本市の代表的な地域資源である彫刻については、市民の彫刻に対する受け止めや思いが様々であり、また、植物については、観賞用や学術用として管理していることから、講習会や園芸相談において市民ニーズとマッチしない場合があり、市民活動団体と連携・協働した企画や運営が必要です。

主要事業

主要事業068-2-1 ふるさと学習推進事業

具体的な取組

  • 統計データ、写真等の収集に当たって、関係機関と連携を図り、充実した社会科副読本を改訂します。
  • 総合的な学習の時間が少なくなる中で「学校教育活動支援ボランティア事業」に登録された人材を活用しながら、ふるさと学習の充実を図ります。

主要事業068-2-2 植物教育普及事業

具体的な取組

  • 地域資源を学ぶ機会として、常盤公園や「ときわミュージアム」にある植物を活用し、子どもを中心に市民が気軽に参加できる企画展や講習会等を実施します。
  • 企画展や講習会等の実施に当たっては、市民のニーズを把握するとともに市民活動団体と連携・協働できる体制を構築します。

主要事業068-2-3 緑と花と彫刻の博物館運営事業(再掲)

地域ブランド 085-2「彫刻とふれあう教育の推進」主要事業085-2-1へリンク(「085-2・086-1 彫刻とふれあう教育の推進」)

主要事業068-2-4 彫刻教育普及事業(再掲)

地域ブランド 085-2「彫刻とふれあう教育の推進」主要事業085-2-2へリンク(「085-2・086-1 彫刻とふれあう教育の推進」)

主要事業068-2-5 市民彫刻普及活動支援事業(再掲)

地域ブランド 085-2「彫刻とふれあう教育の推進」主要事業085-2-3へリンク(「085-2・086-1 彫刻とふれあう教育の推進」)

目標指標

成果指標

現状値

基準年

目標値

植物講習会の参加者数(人/年) 217 平成20年 300
「ときわミュージアム」への入館者数(人/年) 121,800 平成20年 150,000

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。