066-1 高等教育機関と連携した教育の推進

ウェブ番号1006854  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

多様な高等教育機関と連携し、特色ある教育の取組を進め、宇部市の将来を担う人材を育成します。

取組の目標

本市の多様な高等教育機関と連携し、特色のある教育を進め、多面的な見方を身につけた人材を育成します。

現状と課題

現状

多様な高等教育機関が立地する本市では、宇部フロンティア大学と地域交流に関する協定を、また、山口大学、宇部工業高等専門学校とそれぞれ包括的連携・協力に関する協定を締結し、様々な分野において連携を進めています。

特色ある教育の取組として、山口大学を中心とした産学官(公)連携事業として、「長州科楽維新プロジェクト」を立ち上げ、子どもたちを対象に科学技術への興味や関心を高めていく出前授業を実施しています。

「ときわミュージアム」を拠点とした山口大学との研究連携では、ホタルの生育や多肉植物から医薬・化粧品等新製品の開発研究を進めており、常盤公園の魅力を高める取組として期待されていることから、この研究及び成果を市民に情報発信しています。

課題

科学の面白さに触れる出前授業の開催要項などの情報が、学校や校区の子ども育成団体等に十分周知されているとは言えません。

「長州科楽維新プロジェクト」は、平成22年度で国の支援が終了することから、継続した活動が望まれています。

研究連携では、常盤公園・ときわミュージアムの持つ素材やフィールドを活用した研究について、市民への周知が十分とは言えません。

主要事業

主要事業066-1-1 大学等連携研究学習事業

具体的な取組

  • 大学等と連携した学習プログラム情報について、各ふれあいセンター等で開催される学級・講座や校区だより、学級だより等で情報を発信します。
  • 特色ある学習プログラムの継続した活動を推進します。
  • 多肉植物からの新製品の開発連携やホタル生育研究連携などを進め、研究成果について、市民に情報を発信します。

目標指標

成果指標

現状値

基準年

目標値

大学等と連携した出前授業参加者数(人/年) 396 平成20年 600
研究連携事業成果報告会の参加人数(人) 49 平成21年 150

用語「長州科楽維新プロジェクト」

山口大学が中心となり、行政や各種団体、企業と協力して、県内の小中学生を中心に科学技術の楽しみを伝え、明日の科学技術立国日本を担う人材の育成を目的とするプロジェクトのことをいいます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。