062-1 人権の擁護

ウェブ番号1006853  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

市民一人ひとりがお互いの人権を尊重し合い、共に成長する社会づくりを進めます。

取組の目標

市民一人ひとりが、学校、地域、家庭、職場その他の様々な場を通じて、人権尊重の理念に対する理解を深め、これを体得することにより、本市の市民宣言にうたわれている「人間が尊重される都市づくり」の実現を目指します。

現状と課題

現状

本市では、様々な人権問題が存在するとともに、国際化、情報化、少子高齢化などの社会情勢の変化等に伴い、人権問題も複雑・多様化しています。

「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」に基づく人権教育及び人権啓発に関する施策や「男女共同参画社会基本法」に基づく男女共同参画社会の形成の促進に関する施策が進められています。

課題

市民一人ひとりが、人権尊重の重要性を認識し、互いの個性を尊重し認め合い、共に成長する社会を創造するため、より多くの市民を対象とした人権教育・啓発に関わる施策の推進や、男女共同参画社会の実現に向けた実効性のある施策を推進し、市民の主体的な取組を更に促進する必要があります。

主要事業

主要事業062-1-1 人権教育啓発推進事業

具体的な取組

  • 市民の人権意識の高揚を図るための啓発行事の開催や広報活動を実施します。
  • 「人権を考えるつどい」等の各種研修会を開催します。
  • 小中学校における人権教育の推進のための学習活動等を支援します。
  • 地域社会における人権教育の推進を担う校区人権教育推進委員協議会に対する活動支援を行います。
  • 指導者の養成を目的とした「人権学習セミナー」等の各種講座を開催します。

主要事業062-1-2 男女共同参画啓発活動推進事業

具体的な取組

  • 男女共同参画推進の意識醸成及び普及啓発を図るための人材養成講座等各種講座の開催や情報誌の発行を行います。
  • 育児休業代替要員紹介所を通じて、市内事業所の就業環境整備の取組を支援します。
  • 配偶者暴力相談支援センターにおいて、DV防止支援ネットワークや民間団体と連携し、被害者からの相談や自立支援を行います。

目標指標

成果指標

現状値

基準年

目標値

宇部市市民意識調査の項目「認め合う社会づくりの推進」満足度の割合(%) 35.5 平成20年 46.0
宇部市市民意識調査の項目「認め合う社会づくりの推進」重要度の割合(%) 85.4 平成20年 96.0
協議会・審議会等の女性委員の割合(%) 35.5 平成21年 50.0
育児休業代替要員紹介件数(件/年) 5 平成20年 10

用語「DV」

DV(ドメスティック・バイオレンス)は直訳すれば、「家庭内暴力」で、法令等で明確に定義された言葉ではありませんが、我が国では一般的に、配偶者やパートナーなど親密な関係にある(あるいはあった)者からの暴力を意味する言葉として使用されています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。