007-1 実践的な環境教育の推進

ウェブ番号1006823  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

基本構想の取組内容

環境の取組と学校が連携して、実践的な環境教育を推進します。

取組の目標

保護者や地域と協働し、エコ意識や環境への関心を持ち、様々な活動を実践する児童生徒を育成します。

現状と課題

現状

地球温暖化問題等に対して、世界規模での対応が求められている中、未来を担う子どもたちが環境問題やエネルギー・資源の問題についての関心を高め、環境保全に対する意識を向上させる環境教育を行うことが重要となっています。

本市では、市立小中学校や家庭において地域の協力を得ながら、子どもたちが身近にできる環境教育に取り組んでおり、環境ISOの手法を活用した取組等により、県教育委員会から「やまぐちエコリーダースクール」の認証を受けた市立小中学校は3校あります。

環境教育の教材として活用できる学校施設(エコスクール)の整備を進めるとともに、学校給食残渣の抑制やリサイクル化に取り組んでいます。

課題

子どもたちが各小中学校や家庭において、省エネ活動や環境に配慮した行動を継続し、定着させるための取組が大切となります。

エコスクールの整備については、費用や効率面から耐震化事業と調整を図りながら、校舎等の改築にあわせて整備する必要があります。

給食残渣のリサイクル化は、環境への負荷低減の取組として有効であり、今後とも残渣リサイクル率の向上を図っていく必要があります。

主要事業

主要事業007-1-1 地球温暖化防止プロジェクト支援事業

具体的な取組

  • 小学校と連携して、児童・保護者が家庭において実践する省エネ活動を支援します。

主要事業007-1-2 自然体験型環境教育推進事業

具体的な取組

  • 「アクトビレッジおの」や常盤公園などの自然を活かし、ネーチャーゲームや野鳥観察などを通した環境学習を実施します。
  • 市内の多くの学校が、「やまぐちエコリーダースクール」として認証を受けることにより、環境保全に対する正しい理解と主体的な行動がとれる児童生徒を育成します。

主要事業007-1-3 エコスクール推進整備事業

安心 028-2「学校教育の充実」主要事業028-2-4に関連(「本論(安心)」)

具体的な取組

  • 校舎及び体育館の改築にあわせて、雨水利用施設や壁面緑化施設等を整備し、環境教育の教材として活用します。

主要事業007-1-4 学校給食残渣リサイクル推進事業

具体的な取組

  • 学校給食の残渣リサイクル率を高めていきます。
  • 給食の食べ残しがないよう、栄養職員を中心に児童生徒への食育指導を行います。

目標指標

成果指標

現状値

基準年

目標値

やまぐちエコリーダースクールに認証された学校数(校・累計) 3 平成20年 15
学校給食残渣リサイクル率(%) 52 平成21年 80

用語「環境ISO」

企業や自治体等の組織体が、自主的に環境にやさしい行動を取っていくために、継続的なチェック体制や人的な役割・責任、コミュニケーション体制等を作ることを求める環境国際規格で、環境マネジメントシステムと呼ばれるものです。

用語「やまぐちエコリーダースクール」

環境教育を一層充実するため、環境問題やエネルギー・資源の問題についての正しい理解を深め、主体的な行動がとれる児童生徒を育成することを目的として、環境ISOの手法を活用した取組を行う学校を山口県が認証するものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 政策企画課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市の総合的な政策の企画立案・調整及び進行管理、重要な分野別の計画及び施策の調整に関すること
    電話番号:0836-34-8113 ファクス番号:0836-22-6063

総合政策部 政策企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。