トップ > まちづくり・ビジネス > 産業 > 商業 > ふるさと起業家支援事業

ここから本文です。

更新日:2020年6月25日

ふるさと起業家支援事業

地域経済の活性化を図るために、宇部市内の起業家に対し、「ふるさと起業家支援金」を交付しています。

支援金の交付資格

宇部市創業支援等事業計画における特定創業支援等事業を受けたもので、事業計画書を策定している方

認定枠

一般枠

特定創業支援等事業の修了者

地域枠

特定創業支援等事業の修了者のうち、中山間地域(厚東、二俣瀬、小野、船木、万倉、吉部)又は中心市街地内(約140ha、飲食業を除く)で起業する者

特別枠

特定創業支援等事業の修了者であり、かつ、本市か宇部市認定連携創業支援等事業者が実施するビジネスプランコンテストの上位者又は認定連携創業支援等事業者から特に推薦がある者

支援金

起業した場合に交付されるもの

区分

内容

加算額

基本額

起業に対する報奨

一般枠:80千円

地域枠:150千円

特別枠:300千円

条件を満たせば加算されるもの

区分

内容

加算額

ICT事業

中心市街地の中央町地区かつ、日本標準産業分類 情報通信業の場合

地域枠:50千円

特別枠:50千円

女性起業家 法人の代表者又は個人事業主が女性の場合 一般枠:30千円
地域枠:50千円

特別枠:50千円

雇用創出(人件費)

事業に直接従事する常勤雇用者(本市在住者)

※常勤雇用者とは次に掲げるものとする。

(1) 常時又は臨時に使用する従業員として雇用された本市に住所を有する者で、原則として雇用保険の一般被保険者であること。

(2) 従業員の主な業務場所が当該事業所内であること。

<一般枠>

正規雇用:20千円/人

<地域枠>

正規雇用 :50千円/人

非正規雇用:5千円/人

<特別枠>

正規雇用 :50千円/人

非正規雇用:10千円/人

会費

宇部商工会議所又は、くすのき商工会に入会した場合

一般枠:10千円

地域枠:10千円

特別枠:20千円

要した経費により加算されるもの

区分

内容

加算額

借入金利息

借入金にかかる事業開始後1年間の利息相当分

(本事業の実施のための借入であることが確認できるものに限る。)

一般枠、地域枠、特別枠、共通で事業開始後1年間の利息相当分全額

広告宣伝費 

チラシ作製費、ホームページ作成費等

一般枠、地域枠、特別枠、共通で要した経費の2分の1の額

設備費

事業用途として明確に区別できる内装工事費用等

(一般車両及び不動産並びに転売可能な物の購入費用を除き、リース費用を含む。)

特別枠で要した経費の2分の1の額

店舗等借入費

店舗、事務所及び駐車場の3か月分の賃借料等(敷金・礼金を除く。)

特別枠で要した経費の2分の1の額

区分別・認定枠別上限額表

区分

一般枠

地域枠

特別枠

基本額

80

150

300

ICT事業

-

50

50

女性起業家

30

50

50

雇用創出(人件費) 

100

150

300

会費

10

10

20

借入金利息

30

100

100

広告宣伝費

50

50

100

設備費

-

-

500

店舗等借入費

-

-

150

認定枠別上限額 300 500 1,500

(単位:千円)

交付要件

次に掲げる1から4まですべての要件が必要です。

  1. 特定創業支援等事業において作成したビジネスプランに基づく起業であること。
  2. 資格の有効期間は特定創業支援等事業の修了時から2年を経過した日が属する市の会計年度末の日までとする。
  3. 資格の有効期間内に宇部市内で起業し、起業時において市税の滞納がないこと。
  4. 公序良俗に反する事業及び公的な資金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条により定める風俗営業などでないこと。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:商工水産部 雇用創造課 雇用促進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8356

ファックス番号:0836-22-6041