トップ > まちづくり・ビジネス > 産業 > 林業・森林保全 > 竹林整備事業について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

竹林整備事業について

更新履歴

  • 2020年4月30日 「繁茂竹林対策整備事業について」を掲載しました。

事業概要

「やまぐち森林づくり県民税」を活用して繁茂竹林を整備することで、タケノコの安定的な生産及び出荷を促進する事業です。竹林所有者等からの申請に基づき、宇部市が業務委託した事業者が、竹の抜き伐りを行い、タケノコ生産に適した竹林へと整備します。竹林所有者の方の事業費負担はありません。

整備前 整備後
整備前 整備後

整備条件

  1. タケノコを生産及び出荷されている方、または整備後に生産及び出荷することが確実に見込まれる方
  2. 整備後の翌年度から10年間、宇部市と協定を結んでいただける方(協定期間中は、所有者の責任をもって適正な竹林として維持管理する必要があります。)
  3. 整備竹林面積が概ね0.2ha~0.5ha以上
  4. 整備箇所が過去に、宇部市や山口県等の竹林整備事業及びその他補助事業において整備されていないこと
  5. 整備箇所について、費用対効果が高いこと(整備後にタケノコの生産及び出荷が確実に見込まれる箇所であることが必要です。また、整備地が極端に山奥にある等、道路からのアクセスが悪い箇所や、傾斜が激しく、整備が困難な箇所は対象外です。)

留意事項

  • 抜き伐りした竹は、竹林内への棚積みとなります。
  • 「やまぐち森林づくり県民税」を活用した事業であるため、やまぐち森林づくり推進協議会において事業内容の承認を受ける必要があります。協議会で承認されない場合は整備できません。

竹林の全伐事業について

タケノコ生産ではなく竹の完全な除去を目的とした、竹林の全伐及び伐採後3年間の再生竹除事業について、山口県が実施しています。

※事業面積が概ね0.5ha以上2.0ha以下等、事業の実施には一定の要件があります。

  • 問い合わせ先  山口県美祢農林事務所森林部 電話:0837-52-1071

繁茂竹林対策整備事業について

竹の繁茂により地域の環境を悪化させ、地域住民の生活を脅かしている竹林について、生活環境の改善のために地域住民等が主体的に整備を行う場合、その整備に要する経費の一部を補助します。

補助の要件

土地所有者の事業承諾のある繁茂竹林であって、その面積が概ね200平方メートル以上の竹林の伐採に係る経費が補助の対象となります。ただし、全伐に限ります。なお、同一の箇所または事業主体への補助金交付は、1年度につき1回限りとします。
また、過去に宇部市や山口県等の竹林整備事業及びその他の補助事業において整備されていないことが要件となります。

※ほかにも要件等がありますので、必ず申請前に担当部署へご相談ください。

補助金の額

次に掲げる金額とし、20万円を限度とします。

  • 申請者(事業主体)が自ら整備する場合は、1平方メートル当たり200円
  • 事業者に委託して整備する場合は、補助対象経費の3分の2

受付期間

随時(予算額に達した時点で終了となります。)

宇部市竹粉砕機等貸出事業について

宇部市では、森林・里山保全及び繁茂竹林の拡大抑制のため、小型の自走式粉砕機(竹粉砕機)を無料で貸し出します。

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:総合戦略局 地域エネルギー・バイオマス産業都市推進グループ  

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8483

ファックス番号:0836-22-6008

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内