トップ > まちづくり・ビジネス > 産業 > 農業 > オリーブの産地化推進について

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

オリーブの産地化推進について

宇部市内のオリーブの生産状況について

平成27年度から試験的な植え付けが始まり、2019年度末時点で、宇部市内でオリーブ約850本が約1.7haで栽培されています。主に栽培されている品種はミッション、ネバディロ・ブランコ、ルッカです。

olinesyasin

宇部市オリーブ産地化推進協議会について

今後の国内需要が期待できるオリーブの生産拡大を図るとともに、宇部産オリーブを6次産業化による加工・販売体制を構築することでブランド化し、地域活性化及び本市の産業の振興に繋げることを目的に、生産者・JA山口県宇部・山口県美祢農林水産事務所・宇部市を構成員とした宇部市オリーブ産地化推進協議会が平成30年6月4日に結成されました。

2019年度の活動状況

    • オリーブ産地化講演会 2019年10月31日 参加人数39人
    • オリーブ栽培から商品化に成功している岡山県の民間会社から講師を招聘し、オリーブの栽培ステージから商品化・販売ステージのための勉強会を行いました。

      20191031kouennkai

    • オリーブ産地先進地視察研修会 2019年11月13日 参加人数24人
    • オリーブ栽培により、観光レストランや商品化に成功している熊本県荒尾市を訪問し、オリーブの出口対策についての視察研修を行いました。

      20191113shisatukennsyuu1 shisatukennsyuu2

    • オリーブ栽培指導講習会の実施 2019年2月21日 参加人数46人

      近年オリーブ生産が盛んな九州から栽培指導講師を招聘し、市内3圃場にて現地栽培指導を受けました。特にオリーブ樹齢に応じた剪定技術について実演を交えて指導を受け、結実量アップのための栽培方法について理解を深めました。

      saibaisidoukousyuukai

宇部市オリーブ産地化推進補助金について

オリーブ栽培の推進や収量安定に向けた支援を行い、オリーブ産地化の実現を図るため、下記の事業の実施に対して、宇部市オリーブ産地化推補助金交付要綱に基づき、補助金を交付します。

事業名 補助対象経費 補助率
及び限度額
交付条件
(1)苗木植付事業 3年生以上8年生未満のオリーブの苗木植え付けにかかる苗木購入費及び運搬費 補助率 補助対象経費の2分の1
限度額 3,000円/本
果実又は葉の収穫を目的にオリーブを栽培し、適正な管理を継続的に行うこと。
(2)幼木植付事業 8年生以上のオリーブの幼木植え付けにかかる苗木購入費及び運搬費 補助率 補助対象経費の10分の8
限度額 24,000円/本
(3)土壌改良事業 オリーブ栽培に適した土壌改良に要する資材費、重機リース代及び重機オペレーター人件費もしくは外注費用 ※ 補助率 補助対象経費の10分の8
限度額 5,000円/a
  • 土壌改良後に(1)又は(2)の事業を実施するため、3a以上圃場の土壌改良を行うこと。
  • 過去に当該補助金を受けた土地ではないこと。
(4)オリーブ加工促進事業 収穫したオリーブの果実の加工に要する経費 補助率 補助対象経費の2分の1
限度額 50,000円/件
加工した成果物によって、オリーブの普及に努めること。

※土壌改良に要する資材:堆肥等の土壌投入資材、暗渠排水管等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:北部・農林振興部 農林振興課 農産物振興係

所在地:〒757-0292 宇部市大字船木字東番田365番地1

電話番号:0836-67-2819

ファックス番号:0836-67-2316

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内