トップ > まちづくり・ビジネス > 環境保全 > 環境地域通貨「エコハ」交付事業認定ガイドライン

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

環境地域通貨「エコハ」交付事業認定ガイドライン

本ガイドラインは、事業実施者が事業の実施に際し環境地域通貨「エコハ」(以下「エコハ券」という。)を利用する場合に適用されます。

市は、事業実施者がエコハ券を利用することにより、本ガイドラインの内容を承諾したものとみなします。本ガイドラインは、環境地域通貨事業の目的を踏まえ、その効果を適切に市の環境のまちづくりに反映させるためのものです。

1 エコハ券の趣旨

エコハ券は、市民・事業者・行政の協働による環境のまちづくりを推進するために、市が発行する地域通貨です。市民や団体・事業者等(以下「市民等」という。)は、エコハ券の交付対象事業に参加・協力することでエコハ券を入手し、それをパートナー事業所の提供する割引やサービスの対価の一部として利用することができるものです。

2 交付対象事業及び交付対象行動

エコハ券の交付対象事業及び交付対象行動は、環境意識の向上につながる以下のものとします。ただし、営利活動、政治活動又は宗教活動を主たる目的とした事業、その他市長が適当でないと認めた事業は除外します。

  交付対象事業 交付対象行動
1 市が実施する環境事業等で、市民等の協力(ボランティア)が運営上不可欠なもの 環境事業等への協力
2 事業実施者が不特定多数の市民等を対象に募集した環境講座等 環境講座・環境学習等への参加
3 市民等が自主的に実施する道路、公園、河川その他公共の用に供する場所における清掃活動であって、不特定多数の市民等を対象に参加を募り行う清掃活動 清掃活動への参加
4 市が主催・共催・後援する環境に関するイベント講座等 イベント等で指定された特定の行動の実施

なお、いずれの事業についても、事業実施者の運営スタッフ(1の事業等への協力市民等を除く)は、原則として交付対象外とします。また、2及び3について、直接または間接に国・県・市からの補助金又は交付金等の交付を受けている事業については、対象となりません。

3 交付事業の認定手続

交付対象事業について、交付事業としての認定手続は、以下のとおりとします。

  1. 自ら実施する事業においてエコハ券の発行を希望する者(以下「申請者」という。)は、『環境地域通貨「エコハ」交付事業認定申請書(Word:39KB)』(以下「申請書」という。)を市へ提出する。
  2. 市は申請書を審査し、当該事業がエコハ券の交付事業として適当と認めた場合、申請者に対し、『環境地域通貨「エコハ」交付事業認定通知書』及びエコハ券を発行する。
  3. 市は、申請者の希望に応じ、交付事業を市ホームページ等において事前告知する。
  4. 申請者は、事業実施の結果、発行されたエコハ券に余剰が生じた場合、市に返還する。

なお、申請者は、事業実施後にエコハ券の効果等について市からアンケート調査を受ける場合があることについて留意してください。

4 禁止行為

市は、認定を受けた申請者に対し、以下の行為を禁止します。

  1. エコハ券を他の事業に流用し使用する行為
  2. エコハ券を換金、転売する行為
  3. エコハ券の交付対象となる市民等の個人情報を収集・漏洩する行為
  4. その他、本事業の目的に反する行為

5 責任の所在

エコハ券の交付事業の運営において行われる一切の行為は、申請者自身の判断と責任に基づいて行われるとともに、交付事業の実施時に発生した損害等に関しては、申請者が責任を負います。

6 個人情報の取り扱い

市が取得した申請者に関する情報は、宇部市個人情報保護条例(昭和62年10月19日条例第16号)に基づいて取り扱われます。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 環境政策課 地球温暖化対策係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8245

ファックス番号:0836-22-6016