トップ > まちづくり・ビジネス > 道路・河川 > 宇部市の道路・河川 > ビッグデータを活用した交通安全対策事業

ここから本文です。

更新日:2020年10月8日

ビッグデータを活用した交通安全対策事業

ビッグデータの活用により、「あんしん歩行エリア」「ゾーン30」を含む対策エリア内の市道における 速度超過、急ブレーキ発生、抜け道等の潜在的な危険箇所を特定し、速度抑制や通過交通進入抑制の対策を行っています。

※ビッグデータとは、自動車に搭載している「ETC2.0」から得られる急ブレーキや走行履歴等の情報をいいます。

地域協働の推進体制

危険箇所の抽出、分析から対策実施、対策効果の検証、改善のサイクルの継続的な取組を進めるため、学校、PTA、地域の代表者等、警察、道路管理者による地域協働の推進体制を構築しています。

対策エリア

琴芝地区

琴芝地区の対策エリア

東新川・錦町地区

東新川・錦町地区の対策エリア

事業の実施状況

令和元年度の実施状況

平成30年度の実施状況

事業の対策効果

平成30年度実施分

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:都市整備部 道路整備課 道路整備係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8413

ファックス番号:0836-22-6064

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内