「うべの里アートフェスタ2015」ダイジェスト

ウェブ番号1004462  更新日 2021年2月26日

印刷大きな文字で印刷

うべの里アートフェスタロゴマーク

概要

開催期間

平成27年10月4日(日曜日)~平成27年11月29日(日曜日)

主な会場

  • 旧吉部小学校
  • 万倉ふれあいセンター
  • 楠こもれびの郷
  • 学びの森くすのき

主な内容

  • 10月11日(日曜日) きべDAY!
  • 10月25日(日曜日) まぐらDAY!
  • 11月29日(日曜日) ふなきDAY!

来場者数

16,223人

写真で見る「うべの里アートフェスタ」

吉部会場

彫刻「じいちゃんの鼻の穴に宇宙があった。」の写真

第25回UBEビエンナーレ市民賞受賞作品「じいちゃんの鼻の穴に宇宙があった。」を、うべの里アートフェスタ吉部会場に恒久設置しました。


彫刻「じいちゃんの鼻の穴に宇宙があった。」の鼻の中の写真

実際に鼻の穴を覗くと、本当にそこには宇宙が!


旧船木鉄道大棚トンネルの写真

今回のポスターイメージにもなっている旧船木鉄道大棚トンネル。90年以上たった今も、当時の姿のままで吉部の郷にひっそりと佇んでいます。


ハート型の石の写真

第25回UBEビエンナーレ大賞作家・冨長敦也さんの「ラブ・ストーン・プロジェクト」の集大成。日本中・世界中の人々と一緒に磨いたハート型の石を130点展示。


写真:石の種

うべの里アートフェスタでは、赤間硯で有名な地元万倉の赤間石を来場者みんなで磨きました。記念に赤間石のかけら「石の種」をプレゼント。


写真:ハートルームのガラス窓

「みんなでハートのアートを作ろう」に参加してくれた方々の作品は、ハートルームのガラス窓を鮮やかに彩り、ときわファンタジアで素敵に輝きました!


写真:ハンス・ショール氏の作品

UBEビエンナーレ出展作家のドイツ人・ハンス・ショールの作品。真っ暗な部屋に設置されたテントに映し出される動く影を静かに鑑賞していただきました。


写真:伊藤佶氏の写真展

カメラマン伊藤佶氏の写真展。今回のアートフェスタに御協力頂いた方や地元で様々な活動をされている方をピックアップしてご紹介しました。


写真:職員室Cafe

お昼時には連日賑わっていた「職員室Cafe」です。お弁当や飲み物はもちろん、おはぎから漬物まで、地元の味をたくさん提供していただきました。


写真:うべの里アートフェスタ限定「湯米御膳」

うべの里アートフェスタ限定「湯米御膳」です。煎った玄米をお湯で戻してお茶漬けのように食します。昔懐かしい味と玄米の香ばしい香りが大好評でした。


写真:うべの里アートフェスタ限定「彩弁当」

うべの里アートフェスタ限定「彩(いろどり)弁当」です。お米、栗、なす、竹の子など、地元の素材をふんだんに使った見た目も鮮やかな人気メニューです。


写真:うべの里アートフェスタ限定「トンネルろまん」

うべの里アートフェスタ限定「トンネルろまん」です。しっとりとした生地にラム酒の甘い香り。見た目もポスターイメージそのままの大人気スイーツです。


写真:ミニSL

石炭で走る本物のミニSLが本物のトンネルを走りました!蒸気機関車の煙の匂いとトンネルの雰囲気で当時へタイムスリップ。大人から子供まで笑顔で楽しみました。


写真:ミニSL記念乗車券

当日400枚用意した記念乗車券はほぼ完売。何度も乗りに行く子供達も。またやりたいイベントですね!


写真:フロンティア大学よさこいチームによる演舞

吉部会場である旧吉部小学校の中庭では、フロンティア大学のよさこいチームも演舞を披露。来場者も食事を楽しみながら元気な踊りを満喫しました。


写真:バザーの様子

バザーの定番商品「ゆうれい寿司」「米まんじゅう吉部の郷」「竿まんじゅう」は何のイベントでも大人気。この日も早い時間にすべて売り切れました!


写真:二胡奏者真真(しんしん)さんのライブの様子

二胡奏者・真真さんの吉部会場中庭ライブです。吉部の山里に、二胡の幻想的な音色が響き渡りました。


写真:うべの里を巡る周遊ツアーの様子

宇部市主催のうべの里を巡る周遊ツアー。うべの里アートフェスタからアクトビレッジ小野の釣り体験まで、北部を満喫しました!


写真:ウォーキングの様子

吉部会場からトンネル経由、天然記念物・吉部の大岩郷までの往復4.5キロのウォーキング。たくさんの方に参加していただきました。

万倉会場

写真:公募作品展示の様子

楠こもれびの郷での公募作品展示です。日頃から写真クラブで活動されている小野の方の作品展示。素敵な写真ばかりで大好評でした!


写真:バンド演奏の様子

「万倉 MUSIC SUMMIT」のガールズバンドの演奏。琴、三味線、バイオリン、吹奏楽など、様々なジャンルの音楽に来場者は耳を傾けていました。


写真:竿まんじゅうのワークショップの様子

「まぐらDAY」には、竿まんじゅうのワークショップも開催。みなさん楽しみながら作られてましたね。中には外国人の参加者も!


写真:市内中学校美術部員が制作したアート作品の展示

市内中学校美術部員が、ビエンナーレ入賞作家・森貴也氏の監修でアート作品を制作。森作品とコラボ展示し、岡崎八幡宮、吉部八幡宮、宮尾八幡宮を巡回しました。

船木会場

写真:船木鉄道パネル展

懐かしの船木鉄道パネル展。駅舎や機関車、街の様子など、昭和30年頃の貴重なモノクロ写真を40点あまり展示しました。


写真:ふなきDAYのイベント「空中散歩」の様子

ふなきDAYのイベント「空中散歩」は、17メートルの高さから船木の街を一望!無料だったこともあり、たくさんの方が空からの眺めを楽しみました。


写真:缶バッジを作るワークショップの様子

最終日にはオリジナル缶バッジを作るワークショップも開催。一個100円。子供達に大人気で、最後までお客さんが途切れることがありませんでした。


写真:人文字「つなぐ」

まちじゅうアートフェスタの合同企画「みんなで人文字をつくろう」を開催。参加人数約80名。みんさんの御協力で、「つなぐ」がバッチリです!

このページに関するお問い合わせ

北部・農林振興部 北部地域振興課
〒757-0292 宇部市大字船木字東番田365番地1

  • 北部地域の地域づくり、移住・定住、うべの里アートフェスタに関すること
    電話番号:0836-67-2812 ファクス番号:0836-67-2158
  • 住基・戸籍・健康福祉・税務・収納・環境衛生等の窓口業務に関すること
    電話番号:0836-67-2813 ファクス番号:0836-67-0822

北部・農林振興部 北部地域振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。