トップ > 暮らし・安心 > 市税 > 固定資産の縦覧制度

ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

固定資産の縦覧制度

令和2年度につきましては、縦覧期間終了いたしました。

縦覧制度とは

市内に土地または家屋を所有する固定資産税の納税者が「縦覧帳簿」を縦覧し、自分以外の資産の価格と自己資産の価格を比較することで、自己資産の評価の適正さを確認する制度です。

縦覧帳簿の内容

  1. 土地…所在・地番・地目・地積・価格
  2. 家屋…所在・家屋番号・種類・構造・床面積・建築年・価格
  • 償却資産の帳簿はありません。
  • 課税されていない土地や家屋の掲載はありません。
  • 所有者名や税額等の個人情報に該当する事項の掲載はありません。

縦覧場所及び縦覧期間

宇部市役所資産税課

令和2年4月1日水曜日から4月30日木曜日まで ただし、土・日曜日及び祝日は除きます。

時間は8時30分から17時15分まで

縦覧できるのは資産税課のみです。

申請に必要なもの

市民の個人情報の保護を図ることを目的として、窓口に申請に来られた方の本人確認を行ないますので、本人確認ができるものをご持参ください。

詳しくは、「税務証明(窓口・郵送による申請)での本人確認」をごらんください。

本人確認の書類以外に必要なもの

  • 代理人が申請する場合
    所有者本人の自筆、押印のある委任状
  • 所有者が亡くなられた場合→相続人からの申請
    戸籍謄本等、申請者(相続人)と所有者の続柄の分かるもの
  • 所有者が法人の場合
    委任状に社印を押印してください。窓口に来られる方の本人確認書類等が必要です。
4月中旬に納税通知書及び課税明細書を送付する予定ですので、届いた方はご持参ください。
申請書等につきましては、以下の用紙をダウンロードしてください。

注意事項

  • プライバシー保護の観点から、職員が「所在等」を特定することはできませんので、縦覧したい土地や家屋の「所在等」は、来られる前にご自分でお調べのうえお越しください。
  • 「自己資産の評価の適正さを確認する」という縦覧の趣旨からはずれた、興味本位や業務目的での縦覧は受け付けられません。また、長時間にわたる縦覧はご遠慮ください。
  • 縦覧帳簿はコピーできません。カメラ及びカメラ付携帯電話等での写真撮影もご遠慮ください。
  • 非課税等に該当する土地または家屋を所有し、固定資産税が課税されていない所有者は縦覧できません。
  • 土地しか所有していない方は土地の縦覧帳簿のみ、家屋しか所有していない方は家屋の縦覧帳簿のみ見ることができます。

縦覧期間中の固定資産課税台帳の閲覧について

  • 縦覧の一環として、固定資産税の納税義務者には縦覧期間中に限り、固定資産課税台帳の閲覧料及び複写料はかかりません。(縦覧期間終了後は閲覧料として各所有者につき200円、複写料として1枚につき10円の手数料がかかります。)
  • 縦覧期間中、市役所資産税課、北部総合支所及び各市民センターで固定資産課税台帳の閲覧(写しの交付)を行なっております。
  • 申請に必要なものは、縦覧と同様です。

縦覧期間中の閲覧申請書等につきましては、以下の用紙をダウンロードしてください。

その他

縦覧期間中以外の固定資産課税台帳の閲覧は、市役所市民税課 税制係で行なっております。詳しくは「固定資産名寄帳兼課税台帳の閲覧」をご覧ください。

固定資産評価審査委員会への審査申出について

固定資産課税台帳に登録された価格について不服がある場合は、宇部市固定資産評価審査委員会に対して、原則として固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の公示の日から納税通知書を受け取った日後3か月目に当たる日までの間に審査の申出をすることができます。
価格以外の事項について不服がある場合など詳しくは、「市税に対する不服の申し立て」をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

よくある質問と回答

お問い合わせ

組織名称:総務財務部 資産税課 償却資産係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8191

ファックス番号:0836-22-6053