ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

女性の活躍を応援します!

平成27年8月に、「女性活躍推進法(女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が制定されて以降、社会全体の中で女性の活躍に関する理解を深め、これを支援していこうとする取組が、国や各地方公共団体、民間事業者などで全国的に進められています。

女性活躍推進法「見える化サイト」へのバナー
(外部リンク)

本市では平成14年6月に「宇部市男女共同参画推進条例」を制定し、これに基づいて、現在、平成29年度から平成33年度までを計画期間とする「第3次宇部市男女共同参画基本計画」を策定し、女性の活躍推進を含め、男女共同参画社会の形成に向けた、さまざまな施策を推進しています。

とりわけ、女性があらゆる分野で活躍することが出来るよう、女性のエンパワーメントのための学習機会の充実を図ってきました。また、施策や方針決定過程への女性の参画を促進するため、各事業所や団体等における取組の支援や、さまざまな場面で女性の意見が生かせるよう、市の施策や方針を決定する審議会等の女性委員の割合を50%とする取組を進めています。

女性がいきいきと活躍できる環境づくりのイメージ図

市の審議会等委員の女性比率のグラフ

また本市では、市役所も一事業所として女性活躍推進の取組を促進する立場から、率先して女性職員の人材育成と管理職の登用を図ってきました。その取組の結果、平成28年4月には部長職に本市で初めて女性職員3人が就任し、課長職以上の女性管理職の割合も平成30年4月1日現在で20.6%となっています。

市職員等管理職(課長級以上)の女性比率のグラフ

今後も引き続き、女性が職場や家庭、地域等でいきいきと輝けるよう、学習機会の提供をはじめ、各事業者や男性側の意識改革などを通じて女性が働きやすい環境づくりを積極的に支援していくとともに、民間事業者の率先垂範となるよう、本市女性職員の活躍推進に取組んでいきます。

【取組1】 うべ女性活躍応援ネットワークの運営

企業、経済団体、金融機関、大学、行政等が一体となって、本市における女性活躍推進に向けた取組を推進するため、「宇部市男女共同参画推進審議会」の下部組織として、「女性活躍推進法」に基づく協議会組織にあたる「うべ女性活躍応援ネットワーク」を設置し、さまざなま啓発事業に取組んでいます。

【取組2】 事業者に対する取組支援

女性活躍推進企業の認証等

女性が働きやすい職場づくりに積極的に取組む事業者を「宇部市女性活躍推進企業」として認証し、その活動を支援しています。

また、従業員数が300人以下の認証企業については、女性のための職場環境改善のために要する経費の一部を助成します。

そのほか、従業員数101〜300人の中小企業に対し、社会保険労務士をはじめとする専門家を派遣し、実態把握とともに、女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」の策定等を支援します。

【取組3】 女性リーダーの育成支援

職場の次世代を担う女性リーダーを育成支援するため、市の指定する各種研修会等への参加経費を助成し、その後の「プレミアム研修」や「女性リーダーと語る会」への参加などを通じて、「宇部市女性リーダー」の認定を行っています。

【取組4】 宇部市女性職員活躍推進プランの推進

本市の女性職員がその個性と能力を十分に発揮して活躍できる職場環境づくりを推進していくため、「宇部市女性職員活躍推進プラン」を策定し、働きやすくやりがいのある職場環境づくりと意識改革を積極的に進めています。

【取組5】 サポート事業(啓発講座など)の実施

女性のスキルアップや男性の家事参加促進などを目的としたサポート事業を実施し、女性活躍に対する市民意識の向上に取組んでいます。

啓発イベントの開催状況

「女性リーダーと語る会」 (平成31年2月12日 ときわ湖水ホール)

昨年度に引き続き、女性リーダーとしてのスキルアップや相互交流、そして働く女性のキャリアアップに向けた動機づけや企業の意識改革を図るため、平成30年度の最終交流行事となる、「女性リーダーと語る会」を開催しました。

今回のテーマは、“誰もがいきいきと安心して働き続けられる宇部市へ”。

新たに誕生した7人の女性リーダー(第2期生)に認定証が授与された後、株式会社 日本政策金融公庫における女性活躍に関する取組事例の紹介が行われました。

女性リーダー認定証交付式(第2期生)の記念写真

日本政策金融公庫(里氏)による取組事例紹介の写真

日本政策金融公庫による取組事例紹介 (MP3: 9,249KB)

説明用資料 (PDF:2,906KB)

続く基調講演では、株式会社 ワーク・ライフバランスでコンサルタントを務めていらっしゃる、横山 真衣 さんにご登壇いただき、あなたが輝く働き方~秘訣はワーク・ライフバランス~』と題して、世界的に見た日本の現状や人口減少時代におけるトップの心構え、各企業における成功事例などが具体的に紹介されました。

基調講演を行う横山講師の写真(その1)

常に未来を見据えた先進的なアドバイスは参加者の共感を呼び、特に、管理職昇任への抵抗感を克服された自らの経験談は、多くの女性従業員への力強い励ましとなりました。

基調講演を行う横山講師の写真(その2)

第2部の交流会では、女性リーダーをはじめ、うべ女性活躍応援ネットワーク委員や市内企業等にお勤めの方々など、さまざまな分野から多数のご参加をいただき、講師を囲んでの自由な意見交換や、普段あまり接する機会のない他社との情報交流などが活発に行われ、とても和やかで有意義なひとときとなりました。

交流会の写真

21世紀職業財団共催イベント 「明日のビジネスを担う女性たちの交流会in宇部」 (平成30年11月22日 ときわ湖水ホール)

公益財団法人21世紀職業財団との共催により、女性たちのキャリア形成に対する高いモチベーション保持とネットワークづくりの支援を目的とした交流会を開催し、基調講演をはじめ、市内企業で活躍中の女性管理職3人によるパネルディスカッションや、登壇者を囲んだ懇親会などを実施しました。

  • 講師・コーディネーター
    小林 洋子氏 (NTTコミュニケーションズ株式会社 監査役)
  • パネリスト
    廣田 晃子 氏 (株式会社 COCOLAND 執行役員 支配人)
    渕上 洋子 氏 (株式会社 宇部情報システム 情報処理サービス部 ネットワークグループ マネジャー)
    山村 麻弥 氏 (株式会社 西京銀行 恩田支店 支店長)

【第1部】 基調講演 「女性はもっと活躍できる!」

第1部の基調講演では、小林さん自身のキャリア形成の経験を通して、女性活躍における国際的に見た日本の現状や、ワーク・ライフ・バランスへの取組の意義、男性の家事・育児参加の必要性など、多岐にわたる内容が盛り込まれました。

特に、ワーク・ライフ・バランスに関しては、「仕事をほどほどにしたり、仕事のために私生活を犠牲にすることは、ワーク・ライフ・バランスではありません。 仕事にいつも全力投球するのは当たり前。決まった時間内で効率よく働き、生産性を上げるためには、時間にメリハリをつけたワーク・ライフ・マネジメントが大切」、との熱い想いを語られました。

そのほか、女性がいきいきと働き続けられるためには、「トップが本気になって意識改革をしていくこと」、「性別によって一括りに考えるのではなく、個人としてその能力を見ていくべき」、「ワーク・ライフ・バランスや働き方改革のために、生産性を高めるAIの積極的な活用を」など、さまざまなノウハウを分かりやすく紹介され、本市の今後の施策運営にも大変参考となる講演内容となりました。

基調講演を行う小林講師の写真

【第2部】 パネルディスカッション 「一歩先のキャリアへ」

第2部のパネルディスカッションでは、小林さんがコーディネーターを務め、市内企業の女性管理職として参加された、廣田さん、渕上さん、山村さんら3人のパネリストとの有意義な意見交換が行われました。

管理職になるまでの経緯や就任した後の苦労、企業における今後の女性活躍のあり方など、それぞれの実体験を通した発言は大変説得力があり、これからキャリアを積んでいく女性たちへの大きなエールとなりました。

<参加者アンケートから>

  • 前向きでパワーのある方たちの話を聞くことができてとても良かった。
  • 哲学のある人生観を聞けたようで励みになった。
  • 社会の役に立つ人材になるためのヒントをたくさん聴くことができた。
  • 女性だからと引け目を感じる必要はないとの意識改革になった。
  • 今後のライフプランやキャリア形成について模索していたところだったが、その大きなきっかけと勇気をいただいた。
  • 女性活躍を難しくとらえていたが、気負わずチャレンジしてみてもいいという気持ちになった。

パネルディスカッションの写真

【第3部】 懇親会

第3部の懇親会では、登壇者を囲んでさまざまな意見交換が行われ、大変賑やかな交流の場となりました。

懇親会の写真

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 人権・男女共同参画推進課 男女共同参画推進係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8308

ファックス番号:0836-22-6016

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内