トップ > 暮らし・安心 > 保険・年金 > 国民年金 > 年金生活者支援給付金制度

ここから本文です。

更新日:2020年9月15日

年金生活者支援給付金制度

年金生活者支援給付金

令和元年10月1日から公的年金等の収入や所得額が一定基準額以下の方などの年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給する年金生活者支援給付金が始まりました。

給付金を受け取るには、支給要件を満たし、請求の手続きを行っていただく必要があります。

新たに年金生活者支援給付金に該当する方に、簡易的な請求書(はがき型)を日本年金機構が令和2年10月13日から順次発送されます。必要事項を記入して日本年金機構に返送してください。

すでに給付金を受給されている方は、請求書を提出する必要はないため請求書は届きません。

年金生活者支援給付金は、3つの種類があります。

老齢年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 65歳以上の老齢基礎年金の受給者である。
  2. 同一世帯の全員が市町村民税非課税である。
  3. 前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,900円以下である。

※障害年金・遺族年金等の非課税収入は含まれません。

障害年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 障害基礎年金の受給者である。
  2. 前年の所得※1が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」※2以下である。

※1障害年金等の非課税収入は、年金生活者支援給付金の判定に用いる所得には含まれません。
※2同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

遺族年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

  1. 遺族基礎年金の受給者である。
  2. 前年の所得※1が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」※2以下である。

※1遺族年金等の非課税収入は、年金生活者支援給付金の判定に用いる所得には含まれません。
※2同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

問い合わせ先

  • 宇部年金事務所お客様相談室 ☎0836-33-7111
  • ねんきんダイヤル ☎0570-05-1165


年金生活者給付金請求書(はがき)の見本
年金生活者給付金請求書(はがき)の見本の画像

日本年金機構発送の封筒の見本
日本年金機構発送の封筒の見本の画像

お問い合わせ

組織名称:健康福祉部 保険年金課 国民年金係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8292

ファックス番号:0836-22-6019

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内