ここから本文です。

更新日:2019年7月8日

やまぐち食べきっちょる運動 in UBE

もったいない「食品ロス」を減らそう!

まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」は、日本で年間約643万トンと推計されています。

これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分のごはんと同じ量の食べ物を捨てていることになります。

種別 割合 内容
過剰除去 55% 皮のむき過ぎなどで食べられる部分まで捨てたもの
食べ残し 27% 嫌いなもの、食べきれなかったもの
直接廃棄 18% 消費期限・賞味期限切れなどで使わないまま捨てたもの
家庭での食品ロスの内訳

※農林水産省統計資料より

「やまぐち食べきっちょる運動」とは?

食べきりチョーコクン食時や家庭での食べ残しなどを減らし、やまぐちの食材を“おいしく、ぜんぶ、食べきる”ため、山口県食品ロス削減推進協議会が展開しているのが「やまぐち食べきっちょる運動」です。

宇部市もこの運動に参加し、食品ロスの削減に取り組んでいます。

宴会でできる食品ロス削減!30・10(さんまる・いちまる)運動

さんまるいちまるロゴ30・10(さんまる・いちまる)運動は、宴会・会食時の食べ残しを減らすためのキャンペーンです。

  1. 開始後30分間は席を立たずに料理を楽しみましょう。
  2. 終了の10分前になったら自分の席に戻り、再度料理を楽しみましょう。

職場や知人との宴会・会食の時に、一人ひとりが「もったいない」を心がけ、楽しく、おいしく、地球にやさしい食べきりに取り組みましょう。

幹事さんの心得・四か条

  • 其の一:参加者の年齢・性別・好みなどをお店に伝え、適量を注文すべし!
  • 其の二:開始後30分間、終了前10分間はしっかり食べる時間を作るべし!
  • 其の三:料理がたくさん残っているテーブルから少ないテーブルへ料理を取り分けるべし!
  • 其の四:『食べ残しや飲み残しがないように!』と声を掛けるべし!

家庭でできる食品ロス削減!30・10(さんまる・いちまる)運動の日

毎月10日と30日は「家庭で取り組む30・10運動の日」です。

食品ロス全体の約半分を占める一般家庭からの食品ロスを削減するため、まずは毎月2回から、次の取り組みをはじめてみましょう。

  • 冷蔵庫の中や買い置きしている食品をチェックし、消費期限や賞味期限の近いものの消費や、野菜、肉などの傷みやすいものを中心とした料理をする
    ※2018年に開催した「ごみ減量アイデアコンテスト」の最優秀賞を受賞したアイデアの、食材在庫表の活用例を掲載するので参考にしてください。   
  • 食材在庫表の活用例(PDF:353KB)

  • 料理の際に、今まで捨てていた野菜の茎や皮などを使ったり、必要以上に作り過ぎないこと等を心がける「エコクッキング」に取り組む。

カンタン!おいしい!ごみを出さない!エコクッキング♪

エコクッキングとは、食べ物やエネルギーを大切にする、水を汚さない、ごみを減らす等、環境のことを考えながら、「買い物」「料理」「片付け」をすることです。

エコクッキングのレシピは、以下のサイトで確認できます。

外食時にできる食品ロス削減!やまぐち食べきり協力店

食べきり協力店ロゴ「やまぐち食べきっちょる運動」に協力し、食品ロス削減に取り組まれている飲食店、旅館・ホテルを「やまぐち食べきり協力店」として登録しています。

【協力店の取組例】
  • 小盛りなど希望量に応じた食事の提供
  • 食材の使い切り
  • 食品廃棄物のリサイクル
  • 「やまぐち食べきっちょる運動」のPR など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

組織名称:市民環境部 廃棄物対策課 ごみ減量推進係

所在地:〒755-0001 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5272番地6

電話番号:0836-34-8247

ファックス番号:0836-33-7294