248号 市役所職員をかたる不審電話が発生しました!

ウェブ番号1013494  更新日 2021年8月25日

印刷大きな文字で印刷

8月23日(月曜日)午後4時ごろ、市内在住の60代女性方に、宇部市役所保険課の職員を名乗る男から「介護保険料の払戻し金が31,800円あります。利用している金融機関はどこですか」などという電話がありました。

女性が「A金融機関です」と答えると、男は「A金融機関から電話があるかもしれないので」と女性から携帯電話の番号を聞き出しました。

午後5時ごろ、女性の携帯電話に「A金融機関のハシモト」と名乗る男から「今からA金融機関のATMに行って、着いたら電話してください」と電話がありました。

ATMに着いた女性が、あらかじめ伝えられていた番号に電話をすると、「ハシモト」はATMを操作するよう指示してきて、「493180と打ち込んでください。最後の3180が返戻金となります」と言ってきました。

女性が指示どおりに入力すると、画面には493,180円と表示され、返戻し金額は31,800円なのにおかしいと感じた女性がATMのインターフォンを鳴らしたところ、「ハシモト」は電話を切りました。

インターホンに対応したA金融機関の職員が警察に通報したため、被害は発生しませんでした。

ATMで不審電話の指示を受ける女性のイラスト

6月、7月、8月と、県内各地で同様の手口と見られる不審電話が多発し、大きな被害が発生しています。特徴としては、

  • 平日の午後3時以降や土曜日の日中など、金融機関の窓口が閉まっている時間帯に集中
  • 犯人からの電話は全て「固定電話」にかかってくる
  • 被害者は65歳以上69歳以下
  • ATMまで被害者を誘導し、ATMで犯人に電話をさせている
  • 期限が迫っていると急がせる

などがあります。

「還付金(払戻し金)がある」「ATMで還付金が申請できる」などという電話は詐欺を疑い、一人で判断せず、すぐに身近な人に相談するか、警察(110番または宇部警察署0836-22-0110)または消費生活センター(局番なし188もしくは0836-34-8157)へ通報(相談)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 市民活動課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市民活動及び協働の推進、市民・ふれあいセンターの予算管理等、地域コミュニティ、自治会、アクトビレッジおのに関すること
    電話番号:0836-34-8233 ファクス番号:0836-22-6016
  • 防犯、交通安全に関すること
    電話番号:0836-34-8235 ファクス番号:0836-22-6016
  • 市民相談、消費生活センター、庁舎案内、情報公開、情報公開審査会に関すること
    電話番号:0836-34-8126 ファクス番号:0836-22-6004
  • 中南部地域・保健福祉支援チームに関すること
    ※中南部:恩田・岬・見初・神原・琴芝・新川・鵜の島・藤山・小羽山地区
    電話:0836-34-8270 ファクス番号:0836-34-8269

市民環境部 市民活動課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。