167号 使用期限が切れた配置薬を勝手に処分しないでください

ウェブ番号1001434  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

『配置薬の業者が長期間薬の入れ替えに来なかったので、使用期限切れの薬を捨ててしまったが代金を請求された。』という相談が寄せられています。

配置薬は業者が各家庭に薬を預け、定期的に訪問をおこなって使用した分の代金を消費者から受け取って薬を補充するという仕組みです。必要な時にいつでも薬を利用できることから今でも便利なサービスとして親しまれていますが、消費者は業者の薬を預かっていることになり薬や薬箱を保管する義務が生じます。

長期間業者の訪問がない場合でも、使用期限が切れたからと勝手に処分してしまうと、のちにトラブルの原因となることも考えられます。勝手に捨てたりせず、業者に引き取りを申し出ましょう。

トラブルになった場合は消費生活センターへご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 市民活動課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市民活動及び協働の推進、市民・ふれあいセンターの予算管理等、地域コミュニティ、自治会、アクトビレッジおのに関すること
    電話番号:0836-34-8233 ファクス番号:0836-22-6016
  • 防犯、交通安全に関すること
    電話番号:0836-34-8235 ファクス番号:0836-22-6016
  • 市民相談、消費生活センター、庁舎案内、情報公開、情報公開審査会に関すること
    電話番号:0836-34-8126 ファクス番号:0836-22-6004
  • 中南部地域・保健福祉支援チームに関すること
    ※中南部:恩田・岬・見初・神原・琴芝・新川・鵜の島・藤山・小羽山地区
    電話:0836-34-8270 ファクス番号:0836-34-8269

市民環境部 市民活動課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。