198号 賃貸アパートの退去時に高額な請求をされた!

ウェブ番号1001403  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

「6年間住んでいた賃貸アパートを退去することになり、不動産会社立ち合いで確認があり、その後請求書が送られてきた。見ると、壁クロスやフローリングの張り替え等で25万円の請求になっていた。敷金の10万円を相殺しても15万円払わないといけない。住んでいる間、特に汚したり壊したりしたものはなく普通に暮らしていた。請求通りに支払わなくてはいけないか。」という相談が寄せられています。

アパートと貸主と借主のイラスト

 賃貸住宅の退去の際、高額な修繕費を請求されて納得がいかないときは、国土交通省が公表している「原状回復にかかるガイドライン」を参考にすると良いでしょう。

このガイドラインによると、賃貸住宅の契約においては、通常の使用に伴って生じる程度の損耗や経年変化などの修繕費は家賃に含まれているので、借主の負担にはなりません。

一方、借主の故意過失により生じた損耗については、原状回復義務があります。「原状回復」とは、借主の責任によって生じた住宅の損耗やキズ等を修復することです。その場合、経過年数の考慮がされるものもあります。

請求内容が納得できないときは、壁クロスなどの張り替え理由と修理費用の明細について貸主に説明を求めましょう。

トラブルを未然に防ぐためには、入居時および退去時にチェックリストを作り、貸主、借主双方が立ち会って十分確認をしておくことが必要です。気になる箇所は写真を撮っておきましょう。

トラブルにあったら、お近くの消費生活センターにご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

市民環境部 市民活動課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 市民活動及び協働の推進、市民・ふれあいセンターの予算管理等、地域コミュニティ、自治会、アクトビレッジおのに関すること
    電話番号:0836-34-8233 ファクス番号:0836-22-6016
  • 防犯、交通安全に関すること
    電話番号:0836-34-8235 ファクス番号:0836-22-6016
  • 市民相談、消費生活センター、庁舎案内、情報公開、情報公開審査会に関すること
    電話番号:0836-34-8126 ファクス番号:0836-22-6004
  • 中南部地域・保健福祉支援チームに関すること
    ※中南部:恩田・岬・見初・神原・琴芝・新川・鵜の島・藤山・小羽山地区
    電話:0836-34-8270 ファクス番号:0836-34-8269

市民環境部 市民活動課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。