トップ > 暮らし・安心 > 安全・安心・相談 > 消費生活 > 消費生活メールマガジン > 「融資します」というSNSの書き込みにご注意ください!

ここから本文です。

公開日:2020年3月19日

「融資します」というSNSの書き込みにご注意ください!

『SNSで「融資します」という書き込みを見つけた。転職したばかりで生活費が不足していたので連絡をとると「本人確認のため免許証と給与明細の画像、それから保証人2名の名前と連絡先が必要」と言われた。その後「審査のため1万6千円を貸すので月末に3万5千円を返済するように」と指示された。個人情報を教えてしまったが大丈夫だろうか。』という相談が寄せられています。借金で苦しむ人のイラスト

不特定多数の人が閲覧可能でお互い面識のないまま連絡を取り合えるSNSを利用して、気軽に金銭を貸し借りする「個人間融資」に関する相談が増えています。なかには、個人を装ったヤミ金融業者がSNSに「お金を貸します」「融資します」と書き込んで違法な高金利で貸し付けを行っている場合もあります。

一時的に金銭の借入れができたとしても、高額な利息を要求されて借金がさらに増えるおそれがあります。また、個人情報を伝えた後、相手と連絡が取れなくなったり、個人情報を悪用されて犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性もあります。

親しい者同士でもお金の貸し借りはトラブルに発展することが少なくありません。そのため、面識のない者同士だとトラブル発生のリスクがより高くなるといえます。SNSで見知らぬ相手から借入れをするのは絶対にやめましょう。

多重債務などで困っている場合は、まず消費生活センターにご相談ください。

お問い合わせ

組織名称:宇部市消費生活センター

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8157

ファックス番号:0836-22-6004