ファミリー・サポート・センター

ウェブ番号1003673  更新日 2021年4月1日

印刷大きな文字で印刷

宇部ファミリー・サポート・センターでは、「子育てを手伝ってほしい方」と「子育てを手伝いたい方」が会員になって、会員相互間の援助活動を行うことで地域の子育て支援を行なっています。

令和3年4月1日から運営団体が学校法人YIC学院になります。

宇部ファミリー・サポート・センターは令和3年4月1日から運営団体を変更し事業実施します。

これまでの事業を継承し、サービスを継続、更に向上させて実施してまいりますので、引き続きご理解ご協力よろしくお願いします。

なお、これまで社会福祉法人宇部市社会福祉協議会が運営していた際の会員証や活動報告書等の各種様式については、引き続きご利用いただけるようにしています。

イラスト:ファミリーサポートセンターのイメージ図

たとえば

  • 保育施設の始まる前や終わった後、子どもを預かります。
  • 学童保育の終わった後や学校の放課後、子どもを預かります。
  • 保育施設までの送り迎えを行います。
  • 子どもを連れて出かけにくいときなどに、子どもを預かります。

会員について

依頼会員(手伝ってほしい人)

0歳から小学6年生までの子どもを持つ家庭の人

提供会員(お手伝いしたい人)

自宅で子どもを預かることができる人(資格・経験は問いません。)

両方会員

依頼会員と提供会員の両方できる人

会員になるには

受付

令和3年4月 1日から・・・ 月曜日から金曜日(祝日を除く。)の9時00分から18時まで

申込方法

宇部ファミリー・サポート・センターにて入会申込書を提出
(その際、詳しくシステムを説明します。)

申込みに必要なもの

  • 印鑑
  • 会員証用写真(来所時に撮影できます。)
  • 本人確認書類
  • 任意自動車保険証(免許を持っている方で提供会員希望者)

利用者の声

依頼会員(手伝ってほしい人)

  • 子ども達も懐いていて、毎週のサポートを楽しみにしている。
  • 補償保険に加入するので安心。
  • 利用できて助かっている。
  • 利用が長くなると、家族ぐるみで親しくなり、良い関係性が築けた。

提供会員(お手伝いしたい人)

  • 小さい子どもを預かるのは楽しく、幸せをもらっているような感じがする。
  • 子どもが懐いてくれるのが嬉しい。
  • いろんな出会いがあって楽しく、役に立てて、嬉しい。
  • 近くに手助けしてくれる人がいない方にとっては貴重な制度なので、もっとサポートの輪が広がっていけばよい。

利用料

援助活動の利用日・時間帯 1時間当たりの利用料
平日の昼間
7時から19時まで
600円
土曜日、日曜日、祝日及び
上記時間以外の平日
700円
  • ※援助の時間が5時間を超える場合、超える部分の1時間当たりの利用料は、表の額から100円を引いた額になります。
  • ※援助開始から最初の1時間までは、それに満たない場合でも1時間として換算します。
  • ※複数の子どもを預ける場合には、2人目から半額になります。
  • ※時間を延長した時は、30分以下は半額とし、30分から1時間までの場合は1時間として換算します。
  • ※援助の依頼の取り消しに伴う料金は、次のとおりです。
    • 前日までの取り消し:無料
    • 当日取り消し:上記の額の半額
    • 無断取り消し:上記の額の全額
  • ※交通費、食事(ミルク)・おやつ代、おむつ代等については、依頼者が実費を負担してください。また、特定のものを希望する場合は、依頼者が用意してください。

問合せ先

宇部ファミリー・サポート・センター
 令和3年4月 1日から・・・ 宇部市大字中宇部1570-1(YICキッズ横)
 電話:080-9130‐4272

このページに関するお問い合わせ

こども・若者応援部 こども・若者応援課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目4番25号

  • 子ども・若者の育成・支援、子どもの貧困対策、勤労青少年会館、赤ちゃんの駅、ファミリー・サポート・センター、子育て支援センター、子育てサークル、病児・病後児保育、二十歳のつどいに関すること
    電話番号:0836-34-8447 ファクス番号:0836-21-6020
  • 親子健康手帳(母子健康手帳)、妊産婦・乳幼児健康診査、産後ケア、不妊・不育症の治療費等助成、子育て世代包括支援センターUbeハピ、家庭児童相談、子育て短期支援事業の利用に関すること
    電話番号:0836-31-1732 ファクス番号:0836-21-6020

こども・若者応援部 こども・若者応援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。