スペイン・マダガスカル給食

ウェブ番号1013204  更新日 2021年8月6日

印刷大きな文字で印刷

7月14・15・16日のうちの2日間、宇部市の全小中学校の給食で、スペイン料理とマダガスカル料理の給食が提供されました。

この給食は、宇部市が東京2020オリンピック・パラリンピックでそれぞれの国のホストタウンになっていることから実施されました。提供した給食についてご紹介します。

今回の給食は、約一年前から宇部市内の栄養教諭や調理員達が準備をしてきました。普段給食では使わないような食材を使ったり、味の想像がつかないものもあり、子供たちに残さず食べてもらえるよう、試作を重ねました。

子供たちにとっては初めて食べる料理もあったかもしれませんが、これを機に、他国の料理や文化を知り、日本との違いを考えたり、興味を持ってくれたらうれしいです。

いよいよ、東京2020オリンピック・パラリンピックが開幕します。日本だけでなく、スペインやマダガスカルの選手達も応援しましょう!

スペイン料理

メニューは、パエリア・コシード・スパニッシュオムレツ・プリンです。

パエリアは魚介の入ったスペイン風炊き込みごはん、コシードは肉と野菜をじっくりと煮込んだポトフのような煮込み料理です。スパニッシュオムレツは、ゴロゴロと具がたくさん入った、平らに丸く焼いたオムレツです。スペインでは卵と牛乳などで作るお菓子がよく食べられているそうなので、デザートにプリンを付けました。

スペインでは、食事の回数が一日5回あり、14時ごろに摂る昼食がメインで、他の食事は軽食を摂るそうです。

パエリアが炊き上がりました!鶏肉やエビ・イカなどが入っています。

パエリアが炊き上がりました!鶏肉やエビ・イカなどが入っています。

スペイン料理

スペイン料理

マダガスカル料理

メニューは、ごはん・キィモ・あぶりやきチキン・ラサリコンコンブル・マンゴーデザートです。

キィモは、ひき肉や玉ねぎ、じゃがいもなどをターメリックやクミンなどのスパイスとトマトで煮込んだ料理で、カレーのようにごはんにかけて食べます。

ラサリコンコンブルは、きゅうりのサラダという意味で、レモンの効いたさっぱりとした味です。

マダガスカルでは米を主食としていて、ごはんと、このようなシンプルな調理法の料理を合わせて食べることが多いそうです。

キィモを煮込んでいるところ。にんにくとスパイスのいい香りが広がります。

キィモを煮込んでいるところ。にんにくとスパイスのいい香りが広がります。

マダガスカル料理

マダガスカル料理

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校給食課
〒755-0151 宇部市大字西岐波字山田1173番地242

  • 学校給食の管理・運営に関すること
    電話番号:0836-54-4646 ファクス番号:0836-54-4650

教育委員会事務局 学校給食課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。