トップ > 子育て・教育 > 子育て支援・若者サポート > 子ども虐待が疑われるとき

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

子ども虐待が疑われるとき

「189(いちはやく) ちいさな命に 待ったなし」令和元年度「児童虐待防止推進月間」最優秀標語

「189(いちはやく)」にかけると、お近くの児童相談所に繋がります。
「虐待かも」と思ったらすぐにお電話をください(24時間対応)。
通告は法律で義務づけられており、あなたの1本のお電話で救われる子どもがいます。連絡は匿名で行うこともでき、連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。また、調査の結果虐待でなかったとしても責任はありません。
189(いちはやく)」ちいさな命に待ったなし

子ども虐待とは

子ども虐待は英語ではチャイルド・アビューズといいます。アビューズは「誤った子どもの取り扱い」という意味で、必ずしも殴ったり蹴ったりだけが虐待ではなく、下記の1~4に分類されています。

1.身体的虐待

  • 外傷としては打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭部外傷、刺傷、たばこによる火傷など。
  • 生命に危険のある暴行としては、首を締める、殴る、蹴る、投げ落とす、熱湯をかける、布団蒸しにする、溺れさせる、逆さ吊りにする、異物をのませる、食事を与えない、冬戸外にしめだす、縄などにより一室に拘束するなど。

2.性的虐待

  • 子どもへの性交、性的暴力、性的行為の強要・教唆など。
  • 性器や性交を見せる。
  • ポルノグラフィーの被写体などに子どもを強要する。

3.ネグレクト

  • 子どもの健康・安全への配慮を怠っているなど。
    (例)
    1. 家に閉じ込める(子どもの意思に反して学校等に登校させない)
    2. 重大な病気になっても病院に連れて行かない
    3. 乳幼児を家に残したまま度々外出する
    4. 乳幼児を車の中に放置する
  • 子どもにとって必要な情緒的欲求に応えない。(愛情遮断など)
  • 食事、衣服、住居などが極端に不適切で、健康状態を損なうほどの無関心・怠慢など。
    (例)
    1. 適切な食事を与えない
    2. 下着など長期間ひどく不潔なままにする
    3. 極端に不潔な環境の中で生活させる
  • 親がパチンコに熱中している間、乳幼児を自動車の中に放置し、熱中症で子どもが死亡したり、誘拐されたり、乳幼児だけを家に残して火災で子どもが焼死したりする事件も、ネグレクトという虐待の結果であることに留意すべきです。
  • 子どもを遺棄する。

4.心理的虐待

  • ことばによる脅かし、脅迫など。
  • 子どもを無視したり、拒否的な態度を示すことなど。
  • 子どもの心を傷つけることを繰り返し言うなど。
  • 子どもの自尊心を傷つけるような言動など。
  • 他のきょうだいとは著しく差別的な扱いをする。
  • 子どもの目の前での配偶者に対するドメスティック・バイオレンス。

一般的な虐待のサイン

1.子どもの様子

  • 不自然な外傷、打撲、骨折、火傷がある
  • 衣服等が不潔
  • 季節や身体にそぐわない服装をしている
  • 発達の著しい遅れがある(低身長、低体重、栄養失調など)
  • 家に帰りたがらない(徘徊、夜遅くまで遊んでいる)
  • 表情が乏しい
  • 親子関係が確立していない(おどおどしている、親の顔色をみる)
  • 乱暴な行動
  • 非行
  • 虚言が多い
  • 性的な関心が高い
  • 逸脱行為がある など

2.親の様子

  • 子どもの扱いが不自然(泣いてもあやさない、関わりが少ない)
  • 極端な自己流育児
  • 子どもに対して拒否的な発言がある(見たくない、イライラする、期待はずれの子)
  • 発達にそぐわない厳しいしつけ(人前で叩く、行動の制限)
  • 医療の拒否、受診の遅れ など

子ども虐待についての連絡・通報

「虐待かも」と思ったらすぐにお電話をください。

児童相談所全国共通ダイヤルあなたの1本の電話で救われる子どもがいます。
連絡は匿名で行うこともでき、連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。
また、調査の結果虐待でなかったとしても責任はありません。
なお、メールでの連絡は確認が遅れる可能性があります。

  • 児童相談所全国共通ダイヤル 189
  • 山口県宇部児童相談所 0836-39-7514
  • 市こども家庭支援センター 0836-31-1732
  • (こども・若者応援課 子育て世代包括支援センター係 家庭児童相談担当)

  • 宇部警察署 0836-22-0110

子ども虐待の予防のために

子ども虐待は、社会全体で取り組む問題です。あなたのまわりに子育てに悩んでいる人がいたら、声をかけ、相談をすすめてください。地域全体で、子育て中の親子を温かい目で見守りましょう。

相談先

  • 山口県宇部児童相談所 0836-39-7514
  • 市こども家庭支援センター 0836-31-1732
  • (こども・若者応援課 子育て世代包括支援センター係 家庭児童相談担当)

お問い合わせ

組織名称:こども・若者応援部 こども・若者応援課 子育て世代包括支援センター係

所在地:〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目4番25号

電話番号:0836-31-1732

ファックス番号:0836-21-6020