先天性風しん症候群の発生予防

ウェブ番号1003536  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

免疫のない女性が妊娠初期に罹患すると、風しんウイルスが胎児に感染して、出生児に先天性風しん症候群(CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。

予防接種を受けることが望まれますが、予防接種による胎児への感染を防止するため、妊娠する可能性のある女性は、妊娠していないことを確かめてから予防接種を受けるとともに、接種後も、一定の避妊期間が必要です。

また、妊婦のパートナー、同居の乳幼児や学童からの妊婦への感染にも注意が必要です。

風しんの予防接種は予防接種法に基づく「定期の予防接種」ですが、接種対象年齢以外の方の接種は「任意の予防接種」で有料です。任意の予防接種については、小児科等、医療機関へお問合せください。

宇部市における風しんの予防接種

このページに関するお問い合わせ

こども・若者応援部 こども・若者応援課
〒755-0033 宇部市琴芝町二丁目4番25号

  • 子ども・若者の育成・支援、子どもの貧困対策、勤労青少年会館、赤ちゃんの駅、ファミリー・サポート・センター、子育て支援センター、子育てサークル、病児・病後児保育、二十歳のつどいに関すること
    電話番号:0836-34-8447 ファクス番号:0836-21-6020
  • 親子健康手帳(母子健康手帳)、妊産婦・乳幼児健康診査、産後ケア、不妊・不育症の治療費等助成、子育て世代包括支援センターUbeハピ、家庭児童相談、子育て短期支援事業の利用に関すること
    電話番号:0836-31-1732 ファクス番号:0836-21-6020

こども・若者応援部 こども・若者応援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。