住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

ウェブ番号1014581  更新日 2022年7月21日

印刷大きな文字で印刷

更新履歴
2022年7月21日 令和4年度給付金に関する内容を更新しました。
2022年6月15日 家計急変世帯用の申請書・収入(所得)申立書の様式を令和4年6月1日以降用としました。
2022年6月1日 家計急変世帯について、令和4年度分住民税課税決定以降の給付要件を追記しました。
2022年2月25日 令和3年1月2日以降に宇部市に転入された方・未申告の方がいる世帯への申請書送付予定を更新しました。
2022年2月18日 確認書の発送日、家計急変世帯の申請内容等を更新しました。
2022年2月8日 問合せ電話番号を変更しました。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の給付金を支給します。(本給付金をすでに受給された世帯に再度支給されるものではありません。)

支給対象となる世帯

1 令和3年度住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で宇部市に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

生活保護を受給されている方、条例により住民税均等割が免除されている方も含みます。
※ただし、住民税が課税されている者の扶養親族のみからなる世帯は対象外となります。

対象外の世帯例

  • 住民税が課税されている親に扶養されている非課税の子(大学生等)の単身世帯
  • 住民税が課税されている子に扶養されている非課税の両親の世帯(両親のどちらともが課税されている子の扶養)

2 令和4年度住民税非課税世帯

令和4年6月1日時点で宇部市に住民登録があり、世帯全員の令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯。

生活保護を受給されている方、条例により住民税均等割が免除されている方も含みます。

以下の要件をすべて満たす必要があります。

  • 世帯全員の令和4年度の住民税均等割が非課税であること
  • 令和3年12月10日において日本国内に住民登録があること
  • 令和4年6月1日時点で宇部市に住民登録があること
  • すでに本給付金の支給を受けた世帯、または当該世帯の世帯主であった者を含む世帯ではないこと
  • 住民税が課税されている者の扶養親族のみからなる世帯ではないこと

対象外の世帯例

  • 住民税が課税されている親に扶養されている非課税の子(大学生等)の単身世帯
  • 住民税が課税されている子に扶養されている非課税の両親の世帯(両親のどちらともが課税されている子の扶養)

3 家計急変世帯

令和4年6月1日申請分からは、令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、同一の世帯に属する者全員が住民税非課税世帯と同様の事情にあると認められる世帯

※住民税非課税世帯と同様の事情とは、世帯全員のそれぞれの年収見込額(令和4年1月以降の任意の1か月×12)が住民税非課税水準以下であることを指します。

※令和4年度分の住民税課税決定以降に、令和3年中の収入をもとに申請する場合には、令和4年度分の住民税が非課税であることが要件となります。

非課税相当収入・所得限度額 早見表

扶養している親族の状況

非課税相当【収入】限度額

非課税相当【所得】限度額

単身又は扶養親族がいない場合

97.0万円

42.0万円

配偶者・扶養親族(1名)を
扶養している場合

148.0万円

93.0万円

配偶者・扶養親族(2名)を
扶養している場合

190.3万円

125.0万円

配偶者・扶養親族(3名)を
扶養している場合

235.9万円

157.0万円

配偶者・扶養親族(4名)を
扶養している場合

281.5万円

189.0万円

障害者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合

204.3万円

135.0万円

※以下の例に挙げる世帯は対象外となります

  • 住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金の支給対象世帯
  • 住民税が課税されている者の扶養親族からなる世帯
    住民税が課税されている別世帯の者に世帯全員が扶養されている場合
  • 住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金の支給対象世帯
  • 同じ世帯の一部の方のみ収入が減っている世帯
    世帯の中で収入がある方のうち、1人のみ収入が減少した場合。(他の世帯員が課税水準であるため対象外)
  • 新型コロナウイルスの影響による収入の減少ではない世帯
    定年や自己都合で退職するなどし、収入が減少した場合

申請手続等

1 令和3年度住民税非課税世帯

世帯の全ての方が、令和3年1月1日以前から宇部市にお住まいの場合

  • 対象となる世帯に対し、確認書を令和4年2月18日(金曜日)に発送します。
  • 該当する方は内容を確認し、期限までに返送してください。

世帯の中に、令和3年1月2日以降に宇部市に転入された方や未申告の方がいる場合

  • 対象となる世帯に対し、申請書を令和4年3月1日(火曜日)以降、順次発送します。
  • 申請が必要です。要件を満たす方は、返送時に令和3年度の住民税が非課税であることが分かる証明書の写し等と一緒に郵送で期限までにご提出ください。

※世帯状況等確認のため、確認書・申請書の発送が遅れることがあります。

2 令和4年度住民税非課税世帯

世帯全員が令和3年12月10日以前から宇部市に住民票がある場合

  • 対象となる世帯に対し、確認書令和4年7月25日(月曜日)以降順次発送します。
  • 該当する方は内容を確認し、期限までに返送してください。

世帯の中に、令和3年12月11日から令和4年6月1日までに宇部市に転入された方や未申告の方がいる場合

  • 対象となる世帯に対し、申請書令和4年8月1日(月曜日)以降順次発送します。
  • 申請が必要です。要件を満たす方は、返送時に令和4年度の住民税が非課税であることが分かる証明書の写し等と一緒に郵送で期限までにご提出ください。

※世帯状況等確認のため、確認書・申請書の発送が遅れることがあります。

3 家計急変世帯

申請書の受付時期

令和4年2月21日(月曜日)~令和4年9月30日(金曜日) 

※個別にご案内することはできません。申請が必要です。

申請の流れ

  1. 申請書等をダウンロードしてご利用いただくか、もしくは郵送にて取り寄せてください。(申請書等の様式は、各市民センター、宇部市社会福祉協議会、生活相談サポートセンターうべでも配布しています。)
  2. 要件を満たす方は、申請書に必要事項を記入して、必要書類と一緒に郵送でご提出ください。

申請に必要な書類

  1. 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(家計急変世帯分)
  2. 簡易な収入(所得)見込額の申立書
  3. 「令和4年中の収入の見込額」又は「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し(コピー)
    ※給与明細書、預金通帳、令和3年分の所得の確定申告書、令和4年度分(3年分)市県民税申告書等
  4. 申請者(世帯主)本人の受取口座を確認できる書類の写し(コピー)
  5. 申請者(世帯主)名義の預金通帳の写し(コピー)
  6. 世帯の状況を確認できる書類の写し(世帯全員の住民票のコピー等)

確認書・申請書の提出先

〒755-8601

宇部市常盤町一丁目7番1号

宇部市役所 地域福祉課 臨時特別給付金担当

確認書・申請書の提出期限(当日消印有効)

  • 提出期限は下記のとおりです。原則、郵送により提出してください。
  • 来庁による申請・ご相談は予約制となります。

 【電話番号】0836-34-8556 にご連絡いただき、予約をしてください。

1 令和3年度住民税非課税世帯

確認書

発行日から3か月以内

申請書(住民税非課税世帯分)

令和4年9月30日(金曜日)

2 令和4年度住民税非課税世帯

確認書

発行日から3か月以内

申請書(住民税非課税世帯分)

令和4年10月31日(月曜日)

3 家計急変世帯

申請書(家計急変世帯分)・簡易な収入(所得)見込額の申立書

令和4年9月30日(金曜日)

支給金額・支給方法

支給金額

1世帯あたり10万円

支給方法

世帯主名義の銀行口座へ振り込みます。

給付金の支給時期

提出された書類の内容確認に一定の期間を要するため、支給時期が下記のとおりとなります。

※支給時期は目安です。受付状況や書類の不備等により前後する場合があります。

確認書

市が確認書を受理した日から1か月後

申請書

市が申請書を受理した日から1か月後

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関するお問い合わせ先

地域福祉課

電話

0836-34-8556

受付時間

午前8時30分から午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日は除く)

内閣府住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター

本制度に関するご質問は、内閣府コールセンターまでお問い合わせください。

フリーダイヤル番号

0120-526-145

受付時間

午前9時から午後8時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

DV(ドメスティック・バイオレンス)等を理由に避難されている方へ

  • DVやストーカー行為、虐待等で避難されている方も、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金をご自身が受給できる場合があります。
  • 住民票がある世帯の方(配偶者等)が給付金を受給済の場合であっても、ご自身が要件(DV等避難中であることの証明、収入要件)を満たせば、現在お住まいの市区町村から給付金を受給できます。
  • 現在お住まいの市区町村にご連絡いただき、「配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」と「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書」をご提出ください。

「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください!

  • 給付金の支給にあたり、ATMの操作をお願いすることや、現金の振り込みを求める電話をすることは、絶対にありませんのでご注意ください。
  • 自宅や職場などに都道府県・市区町村や国(の職員)などをかたる不審な電話や郵便があった場合は、宇部市地域福祉課や最寄りの警察署か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 地域福祉課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • 地域福祉計画、再犯防止推進計画、戦没者等遺族等の援護、民生委員・児童委員、災害援護、生活困窮者自立支援、農福連携、福祉団体、総合福祉会館に関すること
    電話番号:0836-34-8325 ファクス番号:0836-22-6026
  • 福祉総合相談センター、複合的な福祉の相談等、高齢者・障害者に係る虐待防止、成年後見センター、福祉の支え合い地域づくりに関すること
    電話番号:0836-34-8393 ファクス番号:0836-22-6026
  • 社会福祉法人(他課の所掌事務に係るもの以外)に関すること
    電話番号:0836-34-8161 ファクス番号:0836-22-6026

健康福祉部 地域福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。