ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

令和2年度 4月補正(一般会計補正予算第1回)歳出分の主な内容

175億3809万3千円

感染拡大の防止

1億425万3千円

感染拡大防止対策

市立小中学校におけるオンライン教育等の提供

8,912千円《市単独事業》

小中学校の休校期間延長に伴う学習保障のため、教員による授業の動画配信及びDVDを作成し、配付するもの。

配信及び配布開始日:令和2年5月7日(木曜日)から

問合せ先:学校教育課(電話 0836-34-8611)

情報発信の充実

うべコロナニュースの発行

3,300千円《市単独事業》

新型コロナウイルスに関する最新の情報を、クリエイター等によるイラストなどを活用して、幅広い世代にわかりやすく提供する広報誌を月3回発行。
併せて、感染拡大により仕事に影響を受けているクリエイター等の支援につなげる。

問合せ先:広報広聴課(電話 0836-34-8122)

症状がある方への対応

発熱外来の設置

30,000千円《市単独事業》

新型コロナウイルス感染症に対する市民の不安を軽減するための相談場所として、宇部市休日夜間救急診療所の敷地内に平日も含めて対応するもの。

問合せ先:健康増進課(電話 0836-31-1777)

公共サービスの再開

市立図書館におけるドライブスルー貸出の実施

983千円《市単独事業》

インターネットで予約した図書を感染予防に配慮したドライブスルー形式で貸出を行うもの。

問合せ先:図書館(電話 0836-21-1966)

など

市民生活の安定

169億5067万6千円

困難を抱える世帯等への支援

特別定額給付金(事務費含む)

16,536,164千円

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」
基準日(令和2年4月27日)に住民基本台帳に記載されている市民1人につき10万円を世帯主に給付し、家計を支援するもの。

受付開始日:
オンライン申請 令和2年5月11日(月曜日)から
郵送申請 令和2年5月25日(月曜日)から

問合せ先:新型コロナウイルス対策室(電話 0836-34-8455)

子育て世帯臨時特別給付金(事務費含む)

209,312千円

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取組の一つとして、児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し、臨時特別の給付金を支給するもの。

給付額:対象児童1人あたり1万円

問合せ先:子育て支援課(電話 0836-34-8330)

市立小中学校給食費の無償化

228,049千円 歳出140,087 歳入△87,962《市単独事業》

新型コロナウイルスの感染防止対策の取組が長引く中で、子育て世代の家庭への経済的支援を目的として、学校再開の日から概ね3か月の期間、給食費を無償とするもの。

問合せ先:学校給食課(電話 0836-54-4646)

内定取消者等の緊急雇用(市会計年度任用職員23人)

49,708千円

新型コロナウイルス感染拡大による経済状況の悪化に伴い、内定の取り消しや離職・廃業された市内に住民登録のある人などを、市の会計年度任用職員として採用。

問合せ先:人事課(電話 0836-34-8129)

生活困窮者自立支援制度の拡充

住居確保給付金の支給対象の拡充

9,405千円

休業等に伴う収入の減少により、住居を失う恐れのある方々に、家賃相当額を市が家主さんに補てんするもの。このたび、支援の対象を新型コロナウイルス感染症対策による休業等で収入が減少した方に対して拡大。

問合せ先:生活相談サポートセンターうべ(多世代ふれあいセンター5階)(電話 0800-200-7440 ※通話無料)

など

市内経済の下支え

4億6551万3千円

事業活動の維持や新事業展開に対する支援

小売・飲食店等持続化支援(事務費含む)

451,500千円《市単独事業》

新型コロナウイルスの影響で、令和2年4月の売上額が前年4月と比較して、2割以上減少している小売・飲食・生活関連サービス業の事業者を対象に、1事業所当たり15万円(1事業者上限30万円)を支援するもの。

受付開始日:令和2年5月7日(木曜日)から

問合せ先:新型コロナウイルス対策室(電話 0836-34-8360)

うべ飲食店テイクアウト支援(PR及びタクシー配送)

9,500千円《市単独事業》

テイクアウトに取り組む飲食店の情報発信の応援として、広報誌の作成やポータルサイトのためのWEB構築、テイクアウト商品のタクシー配送等の業務を委託。

事業開始:
広報誌・ポータルサイトについては令和2年5月中旬から
タクシー配送については令和2年5月2日(土曜日)から

問合せ先:
新型コロナウイルス対策室(広報誌・ポータルサイト)(電話 0836-34-8360)
共生社会ホストタウン推進G(タクシー配送)(電話 0836-34-8831)

私立保育園に対する休園に伴う副食費補償

(2,034千円)《市単独事業》

私立保育園の休園中は保護者が負担する副食費(おかず代)を保育園が保護者へ返金する。保育園が保護者から集めた副食費を使って先に確保した食材が休園によって不用となることから、市が保育園に対してその費用を補償するもの。

問合せ先:保育幼稚園学童課(電話 0836-34-8327)

など

予備費

1765万1千円

お問い合わせ

組織名称:政策広報室 広報広聴課 広報係

所在地:〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

電話番号:0836-34-8123

ファックス番号:0836-22-6063

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内