ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

新型コロナウイルス感染症について

更新履歴

中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、複数の肺炎患者の発生が報告されており、新型コロナウイルスがこの肺炎の原因とされています。

また、令和2年1月以降、日本国内でも武漢市の滞在歴がある肺炎患者から新型コロナウイルスが検出されています。

最新情報

厚生労働省ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。
発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間程度)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので、注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

ページの先頭へ戻る

日常生活でできること

  • まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人ごみの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱などの風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱などの風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録してください。

感染症対策、手洗いや咳エチケットの詳細については、首相官邸ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

市民の皆様へのお願い

  1. 湖北省または浙江省から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱などの症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、ご協力をお願いします。また、医療機関の受診にあっては、湖北省または浙江省の滞在歴があることまたは湖北省または浙江省の滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。
  2. 次の症状のある方は保健所にご相談ください。
    • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている
    • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
    ※高齢者や基礎疾患などのある方は、上記の状態が2日程度続く場合
    ご相談の結果、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合、保健所は専門の医療機関をご紹介しますので、マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
  3. 多くの方が集まるイベントや行事などに参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いします。

ページの先頭へ戻る

よくあるご質問

厚生労働省ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

相談窓口

新型コロナウイルス感染症が疑われて、症状がある場合は、受診する前に必ず最寄りの保健所に連絡してください。
※宇部市の最寄りの保健所は「宇部健康福祉センター(電話番号:0836-31-3203)」です。

県内の相談窓口(帰国者・接触者相談センター)


新型コロナウイルスに関する相談について(県リーフレット)(PDF:520KB)

相談時間は9時~17時ですが、緊急を要する場合は、受付時間外でもご相談に応じます。
土日・祝日は県健康増進課、下関市民の方は下関市立下関保健所が対応します。
※多言語でも対応できるようにしています。

相談窓口 電話番号
宇部健康福祉センター 0836-31-3203
岩国健康福祉センター 0827-29-1523
柳井健康福祉センター 0820-22-3631
周南健康福祉センター 0834-33-6423
山口健康福祉センター 083-934-2533
山口健康福祉センター防府支所 0835-22-3740
長門健康福祉センター 0837-22-2811
萩健康福祉センター 0838-25-2667
下関市立下関保健所 083-231-1530
県健康増進課 083-933-3502

新型コロナウイルス感染症が疑われる主な要件

  • 発熱(37.5度以上)または呼吸器症状(咳、たんなど)があって、新型コロナウイルス感染症であることが確定した人と濃厚接触(※)歴がある方
  • 発熱と呼吸器症状があって、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航または居住していた方
  • 発熱と呼吸器症状があって、発症前14日以内に湖北省または浙江省に渡航または居住していた方と濃厚接触歴がある方

※濃厚接触とは・・・

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内などを含む)があった方
  • 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた方
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌液もしくは体液などの汚染物質に直接触れた可能性が高い方

厚生労働省の相談窓口(コールセンター)

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて、FAXでも受付しています。

電話番号(フリーダイヤル)

0120-565653

FAX番号

03-3595-2756

受付時間

9時~21時(土日・祝日も受付)

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルス感染症に関する宇部市の動き

  • 令和2年2月21日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第2回)を開催予定
  • 令和2年2月18日 宇部市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、会議(第1回)を開催
    (内容)新型コロナウイルス感染症の現状、県相談窓口の受付状況や各部局等の状況を報告し、今後も県や宇部市医師会との連携を行いながら、感染症対策を実施していくこととなりました。
    また、市として今後3か月の行事について、検討していくことになりました。
  • 令和2年2月7日 宇部市の関係機関において感染症予防に関するリーフレットを掲示
  • 令和2年1月31日 宇部市新型コロナウイルス対策推進会議(第1回)を開催
    (内容)新型コロナウイルス感染症の概要、発生状況、県の相談窓口について説明し、各課での対応状況について、情報共有しました。
    事務局からは、各課に対し、人権に配慮した対応と過剰に心配することなく日常的な感染予防を行うようお願いしました。

ページの先頭へ戻る

中小企業向け情報

相談窓口

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた相談窓口は、ジェトロに設置されています。詳細は次のリンクで確認してください。

感染症対策情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

  • イベントカレンダー
  • オンラインサービス(図書館蔵書検索、ごみ収集日カレンダー、公共施設予約、電子申請、電子地図ほか)
  • よくある質問と回答
  • 相談窓口
  • 公共施設案内