新型コロナウイルスを乗り越えよう!自宅でできる運動の紹介

ウェブ番号1004938  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

自宅でできる運動教室

運動不足の解消や健康維持のために、自宅でできる運動動画を紹介します。

ぜひ参考にしていただき、運動不足を解消し、健康・体力づくりに努め、みんなで新型コロナウイルスを乗り越えましょう!

櫻井由香さん(2008年北京オリンピック女子バレーボール代表)

1月に開催された俵田翁記念体育館リニューアルイベントの一つ、子どもバレー教室「V・明日夢(ミライ)プロジェクト」(Vリーグ主催)で講師を務めていただいた、2008年北京オリンピック女子バレーボール代表メンバーの櫻井由香(さくらい ゆか)さんから「応援メッセージ」と体を動かすための「自宅でできる遊び」の動画が届きました。

みなさん、毎日、体を動かして元気になりましょう!

自宅でできる運動教室 子ども向け特別編

櫻井由香さんのプロフィール

元全日本女子バレーボール選手。ポジションはリベロ。ニックネームはエビ。
小学校5年生の時にバレーボールを始め、養老女子商業高校(現・大垣養老高校)では、春高バレー・インターハイ・国体に出場。
卒業後、日本電装(現・デンソー・エアリービーズ)に入部。
全日本選出後、ベストリベロ賞等、数々の賞を獲得する等、日本を代表するリベロの一人。
2008年には北京オリンピック出場。(出場選手:竹下佳江さん、栗原恵さん他)
2012年引退後、Vリーグ機構の事務局員となり機構の業務を行っている。

一般社団法人宇部市スポーツコミッション

一般社団法人宇部市スポーツコミッションと宇部日報社との共同企画で「新型コロナウイルスを乗り越えよう!自宅でできる運動教室」と題して、連載企画がスタートしました。

新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が長く、運動不足や健康に不安を感じている方も多いかと思います。

運動不足の解消や健康維持のために、自宅でできる運動を4月23日(木曜日)より5月29日(金曜日)まで全12回(大人版6回・子ども版6回)をシリーズで紹介します。

ぜひ本連載を参考にしながら、運動不足を解消し、健康・体力づくりに努め、みんなで新型コロナウイルスを乗り越えましょう!

大人編

子ども編

ミズノ株式会社

一般社団法人宇部市スポーツコミッションや公益財団法人宇部市体育協会と連携し、本市のスポーツ行政の推進にご協力いただいている「ミズノ株式会社」様が、スポーツの力で元気を届けるため、ミズノ所属のインストラクターと一緒に運動動画プロジェクトをスタートしていますのでご紹介します。

やまぐち元気ラジオ体操

ラジオ体操は背伸びの運動から深呼吸までの13の動作で構成されていて、早い動作やゆっくりした動作があり、ストレッチや筋肉トレーニング効果があります。

また、正しく行うと3分10数秒で400を超える全身の筋肉をくまなく動かせ、有酸素運動で構成された効率の良い全身運動のため、健康増進や老化防止が図られます。

ふるさとの言葉である山口弁をラジオ体操の掛け声の中に多く取り入れられた山口弁ラジオ体操。子どもから高齢者まで無理なく取り組むことができる体操ですので、山口弁にさらに愛着をもっていただきながら、ぜひ自宅でチャレンジしてみてください!

  • 撮影:FMきらら
  • 出演協力:宇部市スポーツ推進委員協議会
  • 作成:一般社団法人宇部市スポーツコミッション

このページに関するお問い合わせ

観光スポーツ文化部 スポーツ振興課
〒755-8601 宇部市常盤町一丁目7番1号

  • スポーツの振興、スポーツ団体、体育施設に関すること
    電話番号:0836-34-8614 ファクス番号:0836-22-6083
  • プロスポーツ等との連携、スポーツの計画や企画、表彰に関すること
    電話番号:0836-34-8628 ファクス番号:0836-22-6083

観光スポーツ文化部 スポーツ振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。